いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 03日

古本

大阪出張で、朝時間があったので、国立文楽劇場の近くに行ってみようと、日本橋周辺を歩くと、千日前通りを挟んで、劇場のトイメンの古本屋の看板に目が釘付けに。
c0155474_21583556.jpg

本より散歩
本より昼めし
本より恋愛
本より映画
古書大量買取ります

「書を捨てよ、町へ出よう」という呼びかけとはゼンゼン違う、本なんて売っぱらってカネにかえて、別のことせーよ、という呼びかけなのだった。

ヒョウ柄のおばさんならぬ自販機も。
c0155474_21592192.jpg

まちを歩くと、いろんなものがインパクトがあるのだった。

by sustena | 2015-10-03 21:59 | まち散歩 | Comments(6)
Commented by Cakeater at 2015-10-04 16:41 x
今日、午前中駒込で列見の元請研修があった帰りに、不忍通りを千駄木駅まで歩いてみたんですが、動坂交差点近くになかなか気合の入った古本屋さんを見つけまして、なんとダンボール箱いっぱいの都築道夫の文庫本がありました。ミステリパラダイス会議室の留守番モデレータとしては、大人買いすべき店かも。来週か來来週あたりにまた買いに行こうと三冊だけに抑えて谷中の商店街探索に回りました。いや、この一帯今人気なんですねえ、けっこうな人出でした。ユニークな店も多いんで、千駄木-西日暮里の間を歩くのは面白そうです。おいしそうなところもいっぱいありますよ。
Commented by sustena at 2015-10-04 17:04
古本はネットで瞬時に見つかるのは楽チンだけど、偶然の出会い的な、衝動買いを誘うのは、リアルの店舗です。ご教示いただいたコースは、何やら危険な道筋・・・。ところで先日、会社でオフィスとして借りているフロアの3分の1ぐらいを返したんですが、社員一人一人の資料スペースが3分の1、共有資料が20分の1のスペースになり、かなりの本を捨てることに。でも捨てきれずに机の下に隠している本をどうすべきかもっか思案中。もっとも売っても昼食代にもならないだろうけど。
Commented by Cakeater at 2015-10-04 20:41 x
それは息子さんの部屋にダンボール積上げるのが一番。haha.
そうして、一年間在庫にして一度も読まなかったものは、1年後に古本屋にまとめて引き取ってもらう。
千駄木-西日暮里は実に「危険なコース」です。確かに。
Commented by iwamoto at 2015-10-05 10:49 x
「書を売れよ」ですか。 センス良いですね。 含みが多くて。
Commented by sustena at 2015-10-05 23:44
Cakeaterさん、息子の部屋はゼンゼン片づけていかなかったので足の踏み場もない・・・。会社に置きっパーにしてたものは5年ぐらいそのままになってたので、結局なくてもかまわないものではあるんですけどね・・・。
Commented by sustena at 2015-10-05 23:45
iwamotoさん、このコピーには笑ったんですけど、本屋自体は朝早くて閉まっていたので、いったいどんな本がおいてあるのかは確認できませんでしたー。


<< 新世界方面そぞろ歩き      十日町のバーを舞台にしたアート >>