いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 30日

十日町のバーを舞台にしたアート

大地の芸術祭では、もうひとつ、十日町の中心商店街でのいくつかの作品も、実にユニークだった。

まずは、国道117号に面したコインランドリーを舞台にした≪憶測の成立≫。アーティストは、昨年資生堂ギャラリーで開催された 『たよりない現実、この世界の在りか』であまりのブッ飛び方に大いにインパクトを与えてくれた荒神明香とwah-document(南川憲二、増井宏文)の3人組の現代芸術活動チーム・目。ネタバレになっちゃいけないので、期間中は内緒ね、と言われていたけど時効だろうから書くと、何の変哲もないコインランドリーの扉をあけると、別の空間につながっていて、そこの扉をあけると、あれれ、さっき入ったはずのコインランドリー!?と一瞬、ココハドコ、私は誰?となってしまう。文句なく楽しい。

もひとつ、楽しかったのが1975年台湾生まれの黄世傑(ホアン・スーチェ)さんが、かつてバーだったお店を使った作品≪合成ミクロコスモス2015≫。ドアをあけると、妖しい人工的な灯りがまたたき、宇宙人というか海中の軟体動物の足のようなビニール袋がゆらめく小宇宙!
c0155474_22503040.jpg
c0155474_22503793.jpg
c0155474_22504676.jpg
c0155474_2250557.jpg

昭和時代の香りのただよう電気屋さんで見た、イテビアンクルーの井手茂太さんが振付・演出した『越後妻有で100人に振付しちゃいました』 もほんわかしててよかった。
YouTubeでどんな雰囲気の映像なのかを見たい方はこちら



十日町じゃないけど、松代の蒲生集落で、かつて村でたたひとつの医院だった古民家を舞台にした、イ・ブル/スタジオ イ・ブルによる《ドクターズ・ハウス》も印象深かった。作品そのものより、古民家のたたずまいがおそろしく美しい。
お医者さんに来てもらうために、ここの土地の人が家を用意して迎えたのだとのことで、地震などがありずいぶん荒れていたのを、何カ月もかけて修復したのだという。
c0155474_225138.jpg


by sustena | 2015-09-30 18:41 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2015-10-02 20:59
夢と現実の境目がわからなくなってしまいそうな世界ですね。
私、迷い込んで帰ってこられなくなりそうです。
古民家のたたずまい、雰囲気がありますね。
ここのガラス戸は、まだ岩手では残っていたような気がします。
Commented by sustena at 2015-10-04 09:18
esikoさん、ちょっとゆがんだようなガラス窓が残っているおうちに惹かれます。古い家はメンテナンスがたいへんだし、いったん荒れてしまったものをきれいにするのはそれこそ大変だけど、なんとかずっと残ってほしいなーと思います。


<< 古本      ギャラリーをはしごしたお昼 >>