いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 28日

階段

秋のアートイベントの打ち合わせで、隔週ぐらいのペースで、近くの小学校でメンバーと顔を合わせる。

廊下の壁などは児童の作品が飾ってあって、ほほえましく感じるとともに、図工作品などでいろんな表現があふれていて、先生の指導がいいんだなぁ、自由にのびのび描いているなぁということが伝わった来るのだが(図書室では本の解説が行き届いており、お話し会で取り上げられた本が特集されていたりする)、やむをえないことながら残念な思いにとらわれるのがこの階段である。

(以前紹介したことがあるかもしれない・・・。忘れちゃった)

階段の手すりといえば、昔は必ず悪ガキがまたいで滑り降りたところだ。そこに乗って遊ぶ子どもたちも多かったから、事故のないように、こんなブサイクなものが設置されるのである。

せめて、もっとマシなデザインのものはないのだろうか?
c0155474_2251093.jpg


by sustena | 2015-09-28 22:07 | つれづれ | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2015-10-03 02:51 x
不細工というより、単なるやっつけ仕事ってデザインですね。
掃除メンテナンスのことなんにも考えてない、ただの責任逃れです。
これなら子どもを滑り落ちらせて掃除させるほうがましというもの。
Commented by sustena at 2015-10-04 09:08
ジャングルジムの類は次々に撤去されて、こうした醜悪なものが取り付けられて、いずれは窓なんかもホテルの高層階みたいになったりして・・と憂えております。


<< 越後妻有で食べたおいしいもの      「赤倉の学童」 >>