いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 24日

王子散歩

一昨日、連休でゴロゴロしていると豚になるので、まち散歩に出かけようと一念発起して、どうせならなじみのないところにしようと、図書館で借りてきた差医歩マップで、えいやっと北区・十条方面のコースを選ぶ。

ざっと行程を紹介すると
R上中里駅-平塚神社-西ヶ原一里塚-七社神社- 飛鳥山公園-音無親水公園-王子神社-王子稲荷神社-名主の滝公園-十条富士塚-十条銀座-演芸場通り商店街-十条駅。
c0155474_2154423.jpg

写真は、西ヶ原一里塚付近。本郷通りにそって、けっこう直線的な道のりで、道そのものはあんまりおもしろみがない。

初めての場所ばかりだったのでどこもそれなりに物珍しかったのだが、へぇーと思ったのが七社神社。明日がお祭りらしく、露店が店開きをしていたのだけれど、なんと、境内の中もところせしと準備に余念がない。お神楽や太鼓などが奉納される舞台のそばには射的が店開き。
c0155474_21513234.jpg

飛鳥山公園は、以前紙の博物館に立ち寄ったことがあるだけで、桜の名所ぐらいのイメージしか持っていなかったのだが、重要文化財の渋沢栄一の別邸、渋沢の傘寿と子爵昇格を祝い建てられた青淵文庫と清水建設からプレゼントされた晩香廬があるなんて知らなかったなー。というわけで300円払って見学。
c0155474_21582292.jpg

c0155474_21584266.jpg

ステンドグラスの両脇の上り竜と下り竜は、この建物を贈ったのが、「竜門社(渋沢栄一財団の前身)」であることにちなむものとか。絨毯や壁の彫り物などあちこちに「寿」野文字も刻まれていた。ガラスの美しさと、職人仕事のていねいさにうっとり。(とくに晩香廬がすごーい)
c0155474_2159018.jpg

c0155474_21591593.jpg

c0155474_21592871.jpg

王子神社の脇のほうにあった、都指定天然記念物の大銀杏。戦災で焼けなかった木ということでなかなかリッパなのだった。
王子神社は、徳川家ゆかりの由緒ある神社なんだって。
c0155474_22102397.jpg

落語の王子の狐で有名な王子稲荷神社はけっこう賑わってました。
c0155474_22111687.jpg

近くに゛こんな名前の店があるのも、有名なキツネのおかげ?
c0155474_22152099.jpg

誤記日の歩行距離は施設見学を含め、約3時間、1万6000歩。

by sustena | 2015-09-24 22:15 | まち散歩 | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2015-09-24 22:59 x
けつねうろんは、なかったのですね。
ステインドグラスも色味が生じゃなくて良いと思います。
Commented by sustena at 2015-09-26 16:51
iwamotoさん、王子の狐といえば、玉子焼きだけど、玉子焼き屋さんも近くにはなかったなー。
Commented by Cakeater at 2015-10-03 02:56 x
卵焼き屋さんが目に付くのは板橋から滝野川を経て巣鴨地蔵の方へ歩くコースかな。
王子まわりの卵焼きは記憶にないですねえ。
Commented by sustena at 2015-10-04 09:05
おお、そうなのですね。落語にあやかって近くにあるはずで、ちゃんと探さなかったからかなーと思ってたんです。


<< 蔡國強展:帰去来      ミッション:インポッシブル/ロ... >>