いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 31日

見世物小屋準備

今週の土曜日に、近くの小学校で地元のラジオの仲間とともに見世物小屋を出す。
その準備をしてますー。
今回のトリはヘビ女。どうくねくねさせるか、どうせ一瞬なんだけど・・・。
c0155474_22105021.jpg


by sustena | 2015-08-31 22:10 | つれづれ | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2015-08-31 22:58 x
十数年前ですが、夫婦ふたりでクルマに乗って信号待ちをしていました。
そこへブレーキを全くかけないクルマが追突してきました。
ぶつけられたわたしたちは、前の車へ、そのクルマも前の車へ、そのクルマも・・・。
6台の玉突き事故となりました。
ホントに何が起こったか分からず、ぶつけられてから前のクルマにぶつかるまでの僅かな時間が、
よく言われるように、とても永く感じられたものでした。
結果、家人は全身打撲で、それがアザになり、身体中が紫と黄色の斑模様になりました。
わたしは、きゃー蛇女みたい、と言いました。
(わたしは頭を打って、救急車で運ばれました)
Commented by esiko1837 at 2015-09-01 19:24
蛇は本能的にもう駄目です!
先日、畑の地主のYさんが小屋に置いていた藁を出そうとしたら、入り口に大きな蛇の抜け殻が有ったそうです。
藁を出すためには手を突っ込まないといけないのですが、怖くて出来なかったと言ってました。
青大将らしいので、毒はないんですけどね。

大昔の小学校時代、ドサ周りの芝居で、蛇が目玉の劇団のを見たことがあって、
病気で唸って寝ていた女の人が、苦しくて布団から起き上がると体中にたくさんの蛇が巻き付いていました。
今考えると、何でわざわざ蛇が出てくるのがわかってるのを見に行ったのかと思いますが、
昔の田舎はそれだけなんにも娯楽が無かったのでしょうね。
体に不具合があるのを見世物にしてるのも見ましたが、今ではできないですね。
出てる人たちは見せたくも無かったでしょうに、でもそれしか生きる糧が得られなかったのでしょう。

見世物小屋、頑張ってください。

Commented by sustena at 2015-09-03 09:10
iwamoto さん、そんなたいへんなことがあったのですね。私は運転しないから分からないのですが、助手席に座ってナビをするときは、周囲にキケンな車がいないかも含めて(というより、どんな車が走っているかの好奇心のほうが強いかな)、突然のとんでもない車とか飛び出してくる人とかにはなかなか対処はむずかしいですよね。
それにしても、ほんとに蛇女みたいって言ったの?頭を打ったせいで制御が効かなくなったのではなくて??
Commented by sustena at 2015-09-13 14:57
私は楳図かずおの「へび女」が怖くて怖くて。姉と一緒に読んでいて、部屋から飛び出して廊下の端まで走りました。
公園にもたまに蛇がいてぞぞっとします。
見世物小屋でヘビ女を出すのは2回目。1回目のときはとてもきれいなお父さんが担当で、みんなうっとりしました。


<< 今ごろになって朝顔      影山雅司写真展『Jazz Mu... >>