2015年 08月 29日

影山雅司写真展『Jazz Musicians』

昨日、お昼休みに、歌舞伎座近くのArt Gallery M84で開催中の影山雅司写真展『Jazz Musicians』を見てきた。

影山さんは、数年前に知り合いのプロダクションに在籍していてwebの仕事をお願いしたことがあるのだが、多彩なひとで、元サックスプレイヤーで、テレビゲームの作曲もやり、グラフィックデザインをこなし、かつ、写真もうまーいのである(なにしろ人物写真など、そこのプロダクションのカメラマンよりいいンである)。

彼が趣味で写真を撮っていることを知ったのは5年前。2010年8月にGR DIGITAL 広告写真コンテストで、銀座4丁目交差点角の三愛ドリームセンターの看板に写真が採用されたことを教えてもらったのだった。
20年ちょっと前に、contax T2を買って、現像にハマり、その後デザインを担当していたジャズスポットなどでジャズメンを撮り始めたのだという。

ギャラリーには、モノクロ写真30点ほどが並ぶ。一瞬、自分で焼いたのかしら、と思っちゃうくらい、黒の階調が色っぽい。キヤノンの上級機で印刷したんだそうな。指先など、ジャズが聴こえてくるようなのだった。

これは案内カードにもなっている一枚。
c0155474_2313683.jpg

9月5日(土)まで

by sustena | 2015-08-29 23:15 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by kagegon at 2015-08-31 00:24 x
ありがとうございます。感謝感謝!by kagegon
Commented by sustena at 2015-08-31 22:12
kagegonさま、やっぱりモノはいいですねぇ。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


<< 見世物小屋準備      このところ麺類ばかり >>