2015年 07月 04日

仙台駅前の居酒屋

翌日取材を終えて、仙台メディアテークでガウディと井上雄彦がコラボした展覧会を見たあと仙台駅前の居酒屋でイッパイ。1時間ほどしかなかったので、できるだけ駅に近いところで・・・と歩いて、ふと目に入ったのが「味てつや」という店。ここが正解だった。

5時15分ごろに入ったんだけど、テーブル席はすでに予約の札が並んでいて、一番奥が空いていた。ラッキー。

お通しは、うざく。
c0155474_1794534.jpg

あいなめの刺身と、ヤナギカレイの塩焼き、完熟トマトのレモン煮、枝豆とえびのかき揚げのあと、お茶漬けをいただく。ほんとは、岩ガキやほかにも頼みたかったものがいっぱいあったけど、なにしろ時間がないので断念。
c0155474_1795318.jpg
c0155474_1710283.jpg
c0155474_17101084.jpg
c0155474_1710185.jpg
c0155474_17102823.jpg
c0155474_17103886.jpg

上喜元の大吟醸もまた、疲れた胃の腑にしみわたったのでした。おすすめです。

by sustena | 2015-07-04 17:10 | | Comments(2)
Commented by iwamoto at 2015-07-04 19:14 x
う〜〜ん、これはまともな料理ですね、上質。
お値段は分かりませんが(笑)
時間が無かったのですか、それは残念なことでした。
でも、次に仙台へ行くのが楽しみですね。
Commented by sustena at 2015-07-04 23:33
iwamotoさん、お値段はヤナギガレイが1000縁を切る金額だったし、リーズナブルでした。ひとつひとつ素材の味がきっちりしていて、濃すぎず、調和がとれていて感激しました。


<< ガウディ×井上雄彦 -シンクロ...      息子のアパートへ >>