2015年 06月 01日

大分みやげ──#大分1

先週大分に出かけてきた。
国宝・重文ウオッチあり、現代アートウオッチありと充実した3日間だったのだが、お土産に買ってきたヒナ字長どれもイケたのでご紹介。

●豊後高田 韃靼そば茶
豊後高田市は、2012年秋から韃靼そばの栽培を本格的に始め、北海道、長野に次ぐ第3位の産地であるらしい。香ばしくてマル

●葉わさびソース
大分県津江地方産の葉わさびとオリーブオイルをブレンドしたソースで、肉にすごく合うのだった

●丸ごとかぼす羊羹
臼杵のお福 という和菓子店で購入。「うちでしか作っていない」とのこと。青かぼすの中身をくりぬいて、皮をシロップ煮して中に羊羹がはいっている。ほろ苦くも甘いかぼすと、さっぱりした甘みの羊羹がマッチして絶妙。あと2~3個買ってくるんだったなあ。

●ハモ皮巻き
空港で購入。ハモ・エソ・タラのすり身にゴボウを入れたかまぼこにハモの皮を巻いて成形して焼き上げたかまぼこ。酒のつまみにgoodでしたー。

●干し大根
臼杵の大仏に向かう道で、とても甘いトマトを売っていた店で、袋にたっぷり入った干し大根が100円だったので2袋購入。お日様の香りがして:e la gたっぷりでとってもオトク。

●濃縮蜜柑(干しみかん)
大分県・安心院町の若手農家がつくった甘いみかんを一粒ずつ選り分けて、甘皮を取り除き、干したもの。干しぶどうはよくあるけど、これはまたなんと手間隙かかったものかしらん。たしかに蜜柑の味でギューッと濃縮されてるみたいで、ワインの友に最高♪

このほか湯布院の粒マスタードもとてもおいしそうだったけど、あまりに高くて断念。
c0155474_1542960.jpg

c0155474_15422096.jpg


by sustena | 2015-06-01 20:59 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by Lucian at 2015-06-03 20:29 x
干しみかんの味は、ぶどうと干しぶどうの味の違いから類推できるものでしょうか?
Commented by sustena at 2015-06-11 17:01
Lucianさん、干しブドウの味の違いから類推できるといえばいえるけど、想像以上に甘くてびっくりしました。
もっとも干しブドウもていねいバージョンと、エコノミーバージョンで違うので、一概にいえませんが・・・・


<< 大分県立美術館──#大分2      高橋コレクション展「ミラー・ニ... >>