いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 20日

部屋探し

GWに引っ越しをするためには、近いうちに部屋探しをしなければならない。

といっても、土地鑑はないし、相場もわからない。 とりあえず勤め先から1.5kmぐらいの距離のところで5万円以下の物件をあたってみた。
いまはインターネットがあるので、こういう場合はめちゃ便利であります。不動産をたくさん扱っているサイトで条件を入力し、フラッグの立っているところの詳細をチェックすると、駅からの距離やコンビニまでの距離、間取り、外観や室内の写真数点が立ちどころに出てくる。

息子と一緒に、「安いけどちと古くない?」「間取りのセンスが悪いよねー」(息子は玄関を入ってすぐにキッチンというのはイヤだという)、「ガスコンロ一口しかないのはビミョーだ」などとコメントしながら見る。めぼしいものは、googleのストリートビューで眺めると、「わっ、墓場がいっぱいで、夜怖そー」なんてことが、居ながらにしてわかる。番地の詳細までは載っていなくても、フラッグの位置と外観写真で、「おっ、このアパートじゃん」なんて特定できることが多い。

私がアパートを探した四半世紀以上前と隔世の感があるのだった。
c0155474_2332637.jpg


by sustena | 2015-04-20 23:03 | つれづれ | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2015-04-21 20:01
本当に・・・娘のアパートを探した時代とは隔世の感があります。
なんたってストリートビューですもの!
逃げも隠れも出来ない、実物がそのまま見えちゃうのだから怖いです。
とはいっても、こういう物件を遠くから探すときには何よりも便利です。
友人の息子さんが20年前に仙台のT大学に行ってたときのアアパートは、トイレも台所も共有で、2万円だったような・・・。
うんと安い物件も探せばあるのだと、あのとき思いました。
Commented by sustena at 2015-04-23 09:50
めぼしい物件を絞り込んでメールで問い合わせしているところなんですけど、すぐ返事があるところと、時間がかかるところとあって、ここからが勝負なのに何やってるんだろ、と思っているこのごろ。保証会社への支払いが必須というケースも多くて、いろんなことが昔と違うのでした。


<< 給料日      公園は花ざかり >>