いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 09日

国立劇場 3月歌舞伎

c0155474_21272495.jpg国立劇場の3月歌舞伎公演は、髪結新三と三人形で、髪結新三を前回見たのは三津五郎のもので(三津五郎の芝居がもう二度と見られないのかと思うと、ホント悲しい) 橋之介を見ながら、三津五郎を思った芝居だった。

橋之助の新三は、所作やセリフまわしはまだまだだけど、悪党ぶりがなかなかはまってたし、門之助の忠七はおっとりしてて、ああ、だまされちゃういい人だよねって感じ。国 生にはまるで期待してなかったんだけど、以前の学芸会よりだいぶマシになってきたかなぁ。それと、錦之助が俠客の弥太五郎源七とはちとキビシイのではと思ってたんだけど、意外に親分然としてました。
老獪な大家夫婦は、團蔵と萬次郎がいい味。もっとも、萬次郎はちとやりすぎだったけど。

三人形は錦之助の若衆、児太郎の傾城、国生の奴。のどかで楽しいデス。

河竹黙阿弥=作
梅雨小袖昔八丈- 髪結新三 - 
三幕六場
      
序 幕 白子屋見世先の場
     永代橋川端の場

二幕目 冨吉町新三内の場
      家主長兵衛内の場
      元の新三内の場

大 詰 深川閻魔堂橋の場   

三 人 形 常磐津連中  
c0155474_212805.jpg

c0155474_21274038.jpg


by sustena | 2015-03-09 22:53 | Theatre/Cinema | Comments(0)


<< 息子とのショートメール往来      シャネル・ピグマリオン・デイズ... >>