いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 27日

じゃまだッ!

私はくじ運の悪いひとで、お年玉つき年賀はがきの切手シートもほとんどあたらない。年に一度の会社の納会のビンゴ大会でも、かれこれ四半世紀以上になるのに、二度つまらないものがあたったきりだ。
ところが、というべきか、案の定というべきかよくわからないのだが、去年の8月末の納会で、珍しく、出ていた景品の中では高額のものがあたった。レッグマジックサークルとかいうフィットネスマシンである。

「重たいから送りますねー」といわれて届いたモノを見てびっくり。わー、こんなものだったのか。
目のつく場所に置いておいたらやるかもしれないと思い、いちおう組み立てて、リビングのはじっこに設置。でもわが家は狭いので、使うときは回転しても、どこにもぶつからない場所に移動させなければならない。いちいち動かすのが面倒で、ずっとそのままになっている。

暮れの大掃除に、まだ一度もトライしていないことに気づいて、初めてDVDで使い方をチェックしたら、裸足や靴下のままやってはいけない。ちゃんと室内用の運動靴をはけだの、事前にストレッチをせよだのこれまた面倒くさい。うーむ・・とうなったきり、またもやそのままに・・・・・・。

正月、わが家で飲み会をしたとき、「あっ、これほしい!」と叫んだ知人がいた。どうぞ持って行って、と勧めたのだが、そこのダンナが「うちにもうある」と言うではないか。「でも、うちにあるのはただ足を開くだけだけど、こっちは回転もするのよ」と知人。しかーし、非情なダンナは「これ以上物干しはいらない!」

せっかくのチャンスだったのに、残念・・・。

もちろん、私に無用なマシンというわけではないのである。ここ1年でぶくぶく太ってきたので、ちゃんと使えばそれなりの効果はあるかもしれないのだが、どーしても怠慢なココロが先立ってしまうのだ。どうしたら、せっかく当たったものがムダにならないであろうか。それとも知り合いに頼んで、まだ人気のあるうちに売り飛ばしてしまうのが一番だろうか。悩んでいるのである。
c0155474_21561544.jpg


by sustena | 2015-01-27 22:03 | つれづれ | Comments(6)
Commented by iwamoto at 2015-01-27 22:33 x
我が家にも、脚を開くだけのがあります。 貰い物。
これも、テレショップみたいなので見たことありますね。
使えば良いのに。 1日5分、いや、10分。 裸足でも大丈夫。
庭に置くのは? カバー掛けて置いておく。

巷の人気? もう、無いでしょ。
Commented by sustena at 2015-01-27 22:57
iwamotoさん、わが家には庭なんてものは、隣地境界のスキマぐらいしかないんですよー。使えばよいことはわかっているけど、どうしたらやる気になるのか、習慣づけられるのか、それが問題なんですぅー。
Commented by esiko1837 at 2015-01-28 22:55
こんばんは。
こういう器具って、物欲に負けて買っても、結局は使わないんですよね、どこでも。
うちでの最高額は、型落ちの半額でも10万近くしたジョーバ。
遊びに来た近所の子や孫たちのおもちゃになっておしまいで、誰に頼んでも引き取ってくれません。
タダでも要らないって言われます。
Commented by sustena at 2015-01-28 23:38
esikoさん、つくづくやっぱり私はクジ運が悪いんだわ・・・・。もう一人あとだったら、旅行券だったのに。
Commented by Cakeater at 2015-01-29 20:25 x
大体、おいしそうな写真を一杯載せているのに、それで、スレンダーのままなんて大食いコンテストのヒロインアイドルみたいなのは反自然。
山本甲士の「ダイナマイト・キッドなんか大嫌い」中公文庫 2014年のヒロイン鏡愛香刑事はぷくぷくだけど、魅力的ですよ。ミステリだけど、同時に、トレーニング方法もこの本で最新のものが学べます。一読の価値あります。lololol
Commented by sustena at 2015-02-02 22:21
ぷくぷくだけど魅力的、と言えるからには、すてきなキャラでなくてはっ! そっちのほうもむずかしいそうかも・・・・。せめてあと3キロ、なんだけどなぁ・・・・。


<< 長谷部浩『菊之助の礼儀』      辻 惟雄/村上 隆『熱闘(バト... >>