2014年 12月 26日

松本コウシ写真展「午前零時のスケッチ ONE OF THESE MIDNIGHT SKETCHES」

今年最後の出社日、昼休みに銀座のニコンサロンで、松本コウシさんの写真展「午前零時のスケッチ ONE OF THESE MIDNIGHT SKETCHES」を見た。
c0155474_23384697.jpg

解体される古い社宅、その前で博物館への旅立ちを静かに待つ0系新幹線。廃棄された信号機・・・
役目を終えて葬り去られようとしているモノたちや、忘れ去られたかのようにぽつんと残されたまま、じっと息をひそめているモノたちなど、夜の闇の中、長時間露光して撮影した、ちょっとあの世に片足を突っ込んだような写真が並んでいた。
作者の松本コウシさんは、全国22府県を7年かけて、こうした風景との出逢いを求めて回ったのだという。
ソウルの花が描かれた階段や、銅像が並んでいる風景など、自動車のバックライトに照らされたリュウゼツランなど、ちょっとぞわっときたなぁ。
カラー35点・モノクロ8点。

会場では、いろいろな演奏家の奏でるバッハの無伴奏バイオリンパルティータが、暴力的なまでに大きな音で流れていたよ。

松本さんのホームページブログを訪問すると、どんな写真展かがよくわかる。

会社に戻る途中にぱちり。
c0155474_23443245.jpg

c0155474_23444390.jpg

c0155474_23445496.jpg

c0155474_2345586.jpg


by sustena | 2014-12-26 23:39 | Art/Museum | Comments(0)


<< 今冬初めてのツグミ      札幌キヤノンギャラリー「長倉 ... >>