2014年 12月 25日

Akari Uragami"Nikutai no Umi"

鵜の木にあるHasu no hanaというコーヒーの飲めるギャラリーで、浦上智Akari Uragamさんの「Nikutai no Umi」という個展をやっている。

ろうけつ染めとキルティングのテクニックを取り入れた色彩豊かなコスチュームや、スケッチ、魚の目に触発された布のオブジェなどのほか、ストールやハンカチーフ、 バッグ、色鮮やかなタイツが展示販売されていた。
ハンカチのサイズは50センチ四方なんだけど、あとひとまわり大きかったら、きっと衝動買いしていたな・・・。

Akariさんの作品は、ひびのこづえをさらにパワフルにした感じ。優秀賞を受賞した、武蔵美の卒業製作や、西太后が着たんじゃないかと思われるような、たっぷりとした存在感のある綿入れ的なコスチュームやからだの内側や脳を想起させる作品で構成され、魚やさまざまな生命の皮膚が広がっている宇宙みたいなの。まさに展覧会のタイトル通り。
c0155474_17554988.jpg
c0155474_1756232.jpg


by sustena | 2014-12-25 23:30 | Art/Museum | Comments(0)


<< 本田 由紀『もじれる社会─戦後...      坂口恭平『現実脱出論』 >>