2014年 10月 07日

若杉 憲司写真展 「襖フォトグラフィー DIORAMA」

c0155474_22384093.jpg久しぶりに銀座ニコンの前を通ったので、銀座ニコンサロンを覗くと、若杉憲司さんの写真展 「襖フォトグラフィー DIORAMA」を開催していた。
江戸初期に建てられたという、紀州徳川家の数寄屋風別荘の360年前の襖に、作者が旅先で撮った花鳥、山水を写しこみ、狩野派などの襖絵でもあるかのようにコンピュータ処理したモノクロ作品30点が並ぶ。作者の言葉を借りれば、「襖に憑依した風景写真」。いやぁ変わってる~。何かが化けて出てきそうな。非現実的で、でも、いかにも現代の襖絵て感じもするのだった。モノクロだからこそ、おもしろさが増したに違いない。

写真は、近くにある銀座鴨そば九代目けいすけの「芳醇 鴨そば」。ものすごく濃そうな汁だけど、存外アッサリしてたのが印象的。でも値段からするとね・・・・。一回でいいかなぁ。
c0155474_22371573.jpg


by sustena | 2014-10-07 16:14 | Art/Museum | Comments(0)


<< クリント・イーストウッド監督『...      熊本土産は馬刺し! >>