2014年 09月 27日

旧東海道歩き

先日、さわやかな秋空だったので、ふと散歩に出たくなって、以前歩いた続きをと旧東海道へ。京浜急行の大森海岸で降りて、てくてく歩く。しばらくは第一京浜国道沿いに行かなくてはならない。
駅から降りてすぐのところにキバナコスモスが咲いていて、ちょっとウレシイ。
c0155474_2322254.jpg

まずは、『三代実録』に、859年(貞観元年)「武蔵国従五位下磐井神社官社に列す」と記されていたという由緒正しい磐井神社へ。
c0155474_2311082.jpg

ここの狛犬は、なんと子連れだった。
c0155474_231231.jpg

そのあと、近くの密厳院へ。ここには、八百屋お七にちないだ振り袖姿の「お七地蔵」がある。鈴ヶ森で火あぶりになったお七に何を拝んでいいのかよくわからなかったけど、狂おしい恋は、ちょっとあやかりたいような気もして、むにゃむにゃ手をあわせる。
c0155474_2363172.jpg

第一京浜に戻る途中の看板をぱちり。
c0155474_23154694.jpg

しばらくいくと、ようやく第一京浜とはわかれて、旧東海道の商店街に入る。写真のちょっと細い道がそれ。1918年に、昔の東海道を第一京浜として拡張したとき、この美原通りは商店街があって栄えていたので、第一京浜を脇に通したため、旧東海道が残ったものという。
c0155474_231781.jpg

c0155474_23172497.jpg

シャッターに東海道五十三次の絵を描いたり、昔の風情をかもしだそうとしているようなのだが、祝日というのにシャッターがしまっている店がほとんどで、なんだか寂しい。
c0155474_23231117.jpg

で、私としては、旧東海道の風情よりも、年季の入ったコーンに驚いたりする。
c0155474_23235772.jpg

美原通りもすぐに通り過ぎて、再び第一京浜沿いの殺風景な道が続く。梅屋敷公園は、落ち着いた公園かしらんと思っていたんだけど、ヒガンバナと萩の花がちょっと咲いてるだけで、風情ゼロの公園だった。
c0155474_23261028.jpg

日本橋から三里十八丁の復元された里程標があった。
c0155474_23385977.jpg
昔の人はこれくらいイッキに歩いたかもしれないけど、私は大森海岸から歩いただけで閉口して、品川に戻り、品川翁へ。
実は東海道を歩くというより、品川翁でそばがきを食べたさに、今回のルートを選んだのだった。
わさびの醤油漬けとそばがきを頼み、ビールでノドをうるおす。
c0155474_23292097.jpg

c0155474_23302985.jpg

帰りにキヤノンギャラリーに寄ろうと思ったら、祝日は休館なのだった。無念。この日は1万7000歩ぐらい。

by sustena | 2014-09-27 23:31 | まち散歩 | Comments(0)


<< 秀山祭九月大歌舞伎・法界坊      この曲線はフランク・ゲーリー! >>