いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 21日

最近の公園

お彼岸近くになって、ヒガンバナが一斉に咲き始めた。
c0155474_11312949.jpg

c0155474_1131473.jpg

天候の影響か、あるいは木が弱ってきたのか、ナラタケモドキが桜の根元にいっぱい。
c0155474_11325942.jpg

スイレンはそろそろオシマイに・・
c0155474_1133542.jpg

クサギの実の青い色がとてもきれい。
c0155474_11344454.jpg

トンボがじっとしてた。赤とんぼにしてはちょっと色が薄いけど・・・
c0155474_11374170.jpg

朝はTシャツ一枚だと、ちょっと肌寒い。

by sustena | 2014-09-21 11:36 | 小さな自然 | Comments(2)
Commented by Lucian at 2014-09-21 20:19 x
頭の先までもっと真っ赤になるのはナツアカネの♂の方です。
これはアキアカネの♂なので、比較的薄く見えます。
赤つながりですが、去年生まれて初めて近所でヒガンバナを発見しました。
自生しないので栽培でしょう。
Commented by sustena at 2014-09-21 23:51
アキアカネがうんと飛んでいた昔の記憶では、もうすこし朱が強かったように思っていたのですが、記憶色だったのですね。公園管理事務所の人によると、植えたわけではないけれど、今年のヒガンバナはたくさん咲いてるとか。気候も影響するのかな。ヒガンバナは比較的長持ちしていて、2週間ぐらい前に咲いたのが、まだそんなにしおれた感じにならないうちにどんどん咲き始めたので、公園の中で、すごい勢いがあります。でもたくさん咲いているとちょっとコワイ感じもするんですよね。


<< 森村 泰昌『美術、応答せよ!―...      「ミクロ・イヴェント」 谷内恒子展 >>