いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 31日

見世物小屋打ち合わせ

来週の土曜日、近くの小学校で盆踊りがあり、見世物小屋を出すことになり、仲間と打ち合わせに。定番のろくろ首、二人でやるには校庭につくるテントのなかは狭くて暑すぎるので、一人でできるよう、仲間が自立式の胴体をつくってきた。これに長い首をセットしてびよーんと伸ばせばいい。一人で?座っているだけで 、ちょっと色っぽいのだった。
c0155474_16331329.jpg

今回はゲストも加わる。一人でペアダンスを踊る。親孝行人形のペアダンス版といいましょうか。きょうは、ざっと流れを打ち合わせただけだが、本番では白い男性のズボンを履く。スケーターズワルツにのって、スケート靴で踊るんだよ。
c0155474_1635383.jpg

c0155474_16345416.jpg


by sustena | 2014-08-31 16:34 | つれづれ | Comments(6)
Commented by iwamoto at 2014-09-01 06:39 x
悩みましたが、意味が分かってきました。
この踊り、難しそうですね。 苦しいだろうし。
うまくいきますように。
Commented by higphotos at 2014-09-01 12:15
ははは、面白い
嫁さんは元美容師さんなので、実家にはこういうのが置いてありました。
暗い中で見るとびっくりします
Commented by Lucian at 2014-09-01 21:49 x
ろくろ首さんは、座椅子だけに一人で座るのが上手ですね。
これで首の方も色っぽければ最高です。
Commented by sustena at 2014-09-01 22:41
iwamotoさん、説明不足で申し訳ありません・・・。これ、けっこうハードだと思います。先代の猿之助とともに舞台に出たこともあるというプロなので、達者なものです。
Commented by sustena at 2014-09-01 22:42
higphotosさん、わが家にもいま、秋のイベント用に制作中の親孝行人形が置いてあって、暗闇で見るたびにドキッとします。
Commented by sustena at 2014-09-01 22:44
Lucianさん、ろくろ首さんは,クッション2つに、大型ポスターを丸めた紙が芯に入っていました。男性陣が胸元を見つめて、一緒に酒を飲みたいだの、襟足がいろっぽいだの、勝手なことを言って盛り上がり2ショットの写真を撮っていました。


<< 布施 英利『子どもに伝える美術...      ヤマボウシの実 >>