2014年 08月 27日

北杜市みやげ

お土産に、ふと目についた「大吟醸粕てら」を買ってみた。甲州台ヶ原の金精軒のカステラで、その名の通り 七賢の大吟醸の酒粕を使い、卵白だけでやきあげたもので、生地は白。ちょっとチーズケーキのような感じもあって、ふんわりしっとり。何よりも、厳重なキンキラの箔パッケージを切ると、ぷーんと酒粕の香りがする。

2日目はいくぶん香りが薄れたけれど、最初に封を切ったときは、その香りでなんだか酔いそうだった。
予想以上においしかったので、オススメする次第です。( でも酒っぽい風味が苦手なひとは避けたほうがいいかも。)
c0155474_21155616.jpg


by sustena | 2014-08-27 21:17 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2014-08-28 06:35 x
笑える名前ですね。素晴らしいです。
あちらへ行くと「七賢」の看板をよく見ますね。
Commented by higphotos at 2014-08-28 21:28
なんとも贅沢っぽいですね。
お味はいかがだったでしょうか。
そういえば、仕事忙しすぎでろくなもの食べてません。でも痩せない。
Commented by sustena at 2014-08-29 00:41
iwamotoさん。はい、まずは名前にひかれました。ふつうなら遠慮するんですが、このときは興味がまさったのです。
Commented by sustena at 2014-08-29 00:43
higphotosさん、本当にしっとりおいしい(パサついたのはNG)カステラと比べたら、カステラのほうが万人向けで間違いがないと思いますが、これは別種類という割り切りでいくと、けっこうオススメです。


<< 戦後日本住宅伝説ー挑発する家・...      自然屋裏手の子猫たち >>