2014年 07月 02日

大西みつぐ「放水路」

c0155474_1633783.jpg銀座ニコンサロンで大西みつぐさんの「放水路」と題した写真展をやっていた。(7/1終了)

荒川放水路の赤羽岩淵から河口までの22㎞を歩き撮った写真という。広々すっかーんとした風景ではなく、草むらや落ちているごみ、寝ころぶ人、水面など、都市の周縁に息づく、ひっそりとしてどこかどよんと生あたたか-い、ヒトや生き物の気配を、じとーっと感じさせる写真であります。

あんまり好きな写真とはいえないんだけど、写真ならではの手触り感といいますか、存在感があった。
こーゆーふうには撮れないよなぁ、と思ったことだった。
タテ位置の写真が気になったなー。
c0155474_22212841.jpg


by sustena | 2014-07-02 22:22 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by jmiin at 2014-07-06 23:15
最後は人に刺さるかどうか? と言うのが僕の信条です。
身上じゃぁありませんよ!
Commented by sustena at 2014-07-08 00:18
jmiinさんの美意識のつまった写真には、しばしばグサグサやられてしまいます。


<< 『たのしい写真〈3〉ワークショ...      フェンスで個展かなー >>