いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 19日

ちゃんばら貝とは??

きのう大阪に日帰りで出張。
お昼は千里中央で。モノレール駅に向かう途中の駅ビルの地下にある瓢天というお店で天ぷら定食。1080円也。ここで食べるのは2回目。

帰りは思いのほか取材が長引いたので、新大阪駅で指定席を40分ほど遅らせて、御堂筋線からJR新幹線口へと抜けるところの新大阪阪急ビルにあった、「yanaken boo」という土佐のカツオがウリのお店に入る。

これまでこんな店ってあったかしら???初めて見たような・・・と思っていたら、2012年8月22日にオープンしたんだって。大阪は久しぶりだってことだ。

で、さっそく生ビールを頼み、メニューを見ると、「ちゃんばら貝」という名前が目に飛び込んできた。いったいどんな会? 知らないものにはチャレンジしてみる性分なので頼む。じゃーん、これです。
c0155474_16361213.jpg

この赤いぎざぎざのとがった爪の部分を持ってずりずりっとひっぱると、私の小指の表面をぺろんとはがしたぐらいのが、巻紙みたいに出てくる。爪の部分は固いので食べられない。
身はコリコリして癖がなくて上品な味。生きていたら相手に向かってこの爪をぶんぶん振るらしい。それで俗称がちゃんばら貝なんだって。正式?にはマガキ貝というらしい。

続いてこの店の看板料理の「塩で食べる”生”かつお」を注文。写真ではあまりおいしくなさそうだけど、明るいピンク色で、これまで私が食べていたカツオのたたきは何なのだ!?と思える味。なんでも高知から市場を経ないで直接トラックで運んでいるんだって。
c0155474_2134188.jpg

あと、サラダと、かつおのたたきのノリ巻の「土佐巻」などを頼む。
c0155474_16485855.jpg

c0155474_16461136.jpg

新幹線の時間をにらみあわせながら、サッと飲む人も多いみたい。
大阪にしてはけっこう高いけど、また寄ってもいいなぁ。
c0155474_16463376.jpg

お土産はワンパターンだけど、551蓬莱の豚まん。チルドではなく、蒸したてのタイプ。翌朝蒸しなおしたけど、チルドよりこのほうが皮がもっちりしておいしいような気がしたよ。

by sustena | 2014-06-19 21:42 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by iwamoto at 2014-06-22 07:55 x
テレビで見たことがあるチャンバラ貝。 ちょっと怖い感じ(笑)
おいしいカツオが食べられて、良うござんした。
豚まんは、お土産でなくその場で食べたらもっと美味しいんでしょう。
サッと飲み、流行ってるらしいですね。 ファミレスとかも。
Commented by sustena at 2014-06-26 00:27
iwamotoさん、出てきたときはゲテモノか?と一瞬思いましたが、なかなかおいしく、嬉しいオドロキでした。ここでちょっと食べすぎたので、できたての豚まんを食べることができず。ちょっぴり後悔。


<< 『なにわの華 文楽へのいざない...      またまたカルガモのヒナ >>