2014年 05月 25日

シャネル・ピグマリオン・デイズ伊藤 悠貴さん

昨日は、銀座のシャネル・ネクサス・ホールで、才能ある若手を支援する「シャネル・ピグマリオン・デイズ」のコンサートがあった。今回はチェロの伊藤悠貴さん。息子と同い年のイケメンである。(ピアノは丹 千尋さん)

今回のプログラムは、シュトラウス生誕150周年を記念し、彼が18さいのときに作曲したソナタと、同時代のマーラー、シュトラウスとマーラーが私淑していたワーグナーの作品。マーラーとワグナーは、それぞれ歌曲とオペラをチェロにふん曲したもので、この編曲の演奏は日本初演とのこと。

s r.i k このピグマリオン・シリーズに登場する演奏家は、若いけれど実力は揃いで、伊藤さんも、デビューCDが「ストラド」特薦盤に選ばれたほか、英国を拠点に演奏活動を行っているという。

シュトラウスとの第2楽章の低音部がすてき。マーラーの「さすらう若者の歌」も好きな曲。

会場は200人弱。すぐ近くから生のチェロが響くと、からだの細胞が生き返っていくみたい。このコンサートは抽選なんだけど、2回に1回ぐらい当選するので、けっこう確率がいいのー。

<R.シュトラウス>
チェロ・ソナタ ヘ長調 作品6 TrV 115

<ワグナー>
楽劇《トリスタンとイゾルデ》から 第1幕 前奏曲 (チェロ・ピアノ編)

<マーラー (ゲリンガス編曲)>
4つの歌(チェロ・ピアノ編)
「少年の魔法の角笛」より 12. 原光
「少年の魔法の角笛」より 6. 魚に説教するパドヴァの聖アントニウス
「最後の7つの歌」より 5. 私はこの世に捨てられて
「さすらう若者の歌」より 2. 朝の野を歩けば
c0155474_2265649.jpg


by sustena | 2014-05-25 22:31 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by iwamoto at 2014-05-26 22:05 x
良い選曲!
Commented by sustena at 2014-05-28 23:00
iwamotoさん、このシリーズは全部で6回でそれぞれ違うプログラムで行くんだと言ってました。こういう思いがけない曲との出会いも、小規模の会奈良ではという気がしました。


<< 第39回 2014 JPS展      2013年度ヤング・ポートフォリオ >>