いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 21日

苦しかったよ、俺の肉そば

2011年9月に新橋に登場した「俺のイタリアン」が話題を呼んで、銀座にも俺のフレンチ、俺のイタリアンと次々に誕生して夕方近くなると長蛇の列ができ、長蛇が多少落ち着いたと思ったら、気づいたら、俺の割烹、俺のやきとり、俺のだし、俺の焼肉・・・・と次々と「俺の」シリーズが増殖してたけど、これまで俺の株式会社のお店には入ったことはなかった。

それが、丸ノ内線の地下鉄を出てすぐの銀座ファイブの地下に「俺のそば」がこの4月にオープンし、ちょうど昼過ぎに近くを通りかかったので、フラッと入ってみた。

立ち食いそば屋である。通常の4軒分のスペースはあろうか。立ち席が82で、その大半が埋まっていた。

メニューは肉そば(冷)、鶏そば(温)、もり、海苔もり、胡麻もり、海苔胡麻もりの6種類。それに、小鉢が何種類かあった。
何を頼んでいいかわからなかったので、とりあえず肉そばを頼む。

すると海苔がてんこもり、金胡麻がドバドバ、ネギと肉もいっぱいのっかって、持ち重りのする皿がでーんと出てきた。そばはかろうじて、海苔のかげに見えるぐらい。これに辛めのめんつゆがつき、テーブルには、生卵と天かすがいくらでも自由におとりくださいとある。

つゆはかなーり濃い。そばはコシがあるといおうか、これまたかなーりかため。そして、おそろしいことに、食べても食べても減らない・・・・。400グラムぐらいありそう。2.5人前ぐらいある~。

がんばって食べたのだが、食べきれず残してしまった。麺少なめと注文してたのを聞いて、しまった・・・と悔やんだよ。そしてもっと悔やんだのは・・・・あとでもうノドが乾いて乾いて、たまらなくなったこと。
向かいの人は天かすをいっぱいかけたせいで、天かすがつゆをすってしまい、まだ半分もそばがあるのに、めんつゆがなくなったと騒いでいたなぁ。私は半分以上つゆを残しても、ノドがカラカラだったから、あとでたいへんな思いをしたのではなかろうか。

お値段は税込み500円。コスパは悪くないと思うけど、話のタネに1回lだけでいいや・・・。
c0155474_2154187.jpg


by sustena | 2014-05-21 21:55 | 食べ物 | Comments(0)


<< 2013年度ヤング・ポートフォリオ      特別展「キトラ古墳壁画」 >>