いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 17日

カルガモのヒナを発見!

10日ぐらい前に、バンのヒナが生まれたという情報があって、朝6時起きして毎日、双眼鏡片手に公園に出かけてるんだけど、いまだ会えないでいる。

きのうは、声がするので見たら、ちょうどヨシの茂みに入ってしまってやはりダメ。知人は昨日5羽見かけたといってたので、本日こそは!と思っていて、成鳥のバンがウロウロしていたので行き先をじっと眺めていたんだけど、やっぱりいない。
きょうもダメかな・・・・と思っていたところ、なんだかスイレン池の端っこのくいにとまっているカルガモの近くに、小さいものがわらわらといる。よーくみると、あっ、ヒナ!
双眼鏡を観ながら何羽いるか数えようとするが、すぐ団子になったり親の影に隠れるのでよくわからない。そのうち、川の方に向かってスイレンの茂みを出て行こうとする。まだ危ないのにー!とハラハラしていたら、またスイレンのところに戻ってきた。

水面に出てきたところを数えるとヒナは11羽。きのうは12羽いたらしい。無事に大きくなることができるんだろうか・・?
c0155474_2116623.jpg

c0155474_2116215.jpg

c0155474_21163953.jpg

c0155474_21165680.jpg

こんなとき TAMRONの16-300mm (換算24.8ミリ~465ミリ)があると超便利なのになー。

by sustena | 2014-05-17 21:21 | 小さな自然 | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2014-05-18 11:03 x
カルガモって軽鴨って書きますよね。
体重じゃなくて、地名から来ているんだそうですが。
そのレンズは持っている? 持っていない?
便利なレンズは無論タムロン。
Commented by jmiin at 2014-05-18 22:11
ふふふ
最後の写真は可愛い!
Commented by sustena at 2014-05-19 23:18
iwamotoさん、地名から軽鴨ですって? 初めて知りましたー。ヒナはめちゃ軽くて、スイレンの葉にのっても沈みませんけど、親鳥じゃぁムリ。
件のレンズは持っていません。ほしいけど、重いし、お金もないし。
Commented by sustena at 2014-05-19 23:19
jmiinさん、翌日見たら、まだ11羽のままで、だいぶ行動半径が広がっていました。


<< 『たたかう東京―東京計画2030+』      おとといの朝食 >>