いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 25日

「DOMANI・明日展」

c0155474_23403786.jpg国立新美術館で開催中の第16回「DOMANI・明日展~未来を担う美術家たち」が閉会間際で、あわてて出かけてきた。

これは、文化庁が昭和42年度から実施している、若手芸術家を海外に派遣する「新進芸術家海外研修制度」の研修成果を発表する展覧会で、今回はアーティスト8名のほか、初めて“建築”というジャンルを設定し、これまでこの研修で派遣された建築家の約半数の43名が「未来の家」というテーマで参加した。

出品作家は、写真の大栗恵、彫刻の川上りえ、メディア芸術の榊原澄人、陶芸の徳丸鏡子、インスタレーションの大野由美子、土橋素子、絵画の小笠原美環、現代美術の吉本直子(建築家は省略)。

榊原さんの静かな世界と、戦乱、生と死が同時多発的に起こって循環していくようなヴィデオインスタレーションと、川上さんの細い針金でつくられた浮遊感のある立体「Zero Gravity」、白い古着や布を固めた吉本直子さんの「白い柩」「沈黙の言葉」「鼓動の庭」がおもしろかったなぁ。
c0155474_11502510.jpg

c0155474_11503753.jpg

国立新美術館は黒川紀章の設計で、外観のゆら~んとしたカーブが特徴的なんだよ。

by sustena | 2014-01-25 23:38 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by kabu360 at 2014-01-27 08:49
1枚目2枚目共に 私も此の場所に居たら撮りたいカットです(^.^)
Commented by higphotos at 2014-01-29 16:50
うっ、写真、素晴らしいです。
スッキリした写りですが、カメラは何を使いましたか。
天井撮り、ビル撮り好きの私にはたまらないです。GRで撮ってみたーい(GR-D2ですけど)
Commented by sustena at 2014-02-02 21:29
kabu360さん、外観もおもしろいのですが、なかなかねらい通りに撮れたためしがありません。
Commented by sustena at 2014-02-02 21:31
higphotosさん、GRD3で撮りました。なっといってもパッと撮れること、マクロにも強いこともあって、やはりふだん持ち歩くのは、GRDばかりです。


<< 平凡な発見      八代 嘉美「iPS細胞―世紀の... >>