いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 19日

回覧板

一昨日の19時ごろ、出先から戻ってきた息子に、回覧板を隣の家のポストに入れるよう頼んだら、「だから、建築学でやってることはキレイゴトなんだ!もう回覧板なんかやめればいい! 」と、プリプリして戻ってきた。

聞くと、回覧があるのに気づかないといけないと思って、インターホンで回覧を届けにきたと伝えたところ、ポストに入れておいてくれと、つっけんどんに言われたんだという。

夕飯どきだから、忙しかったんじゃないの、と言うと、すまなそうな口ぶりじゃなかった、と収まらない様子。

以前回覧板を頼んだときも、ただポストに突っ込んでおけばいいからと渡したのを、回覧板の現代的意味とは、コミュニケーションの疎遠な隣同士に挨拶の機会を提供することにあるはずだと思い手渡ししてきたというので褒めてやったことがあるけど、まぁ、現実はねぇ。

大学院では、現代のコミュニケーション難民?を建築のデザイン面でいかにサポートできるか、といったプランをいろいろ考えたりしてるようなのだが、そんなの絵に描いた餅だ!とオカンムリなのであります。そんなに理想通りにはいかないのはアタリマエだけど、かといって、すぐ絶望するもんでもないんだけどね。

機嫌を直すように、好物の夕食をつくってやったのであります。
c0155474_2216505.jpg


by sustena | 2014-01-19 22:15 | つれづれ | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2014-01-20 21:16 x
簡単に判断しちゃダメだよねぇ。
早くそのくらい覚えて欲しいものです(笑)
院に通ってるのですか。 何年目?
Commented by higphotos at 2014-01-21 15:53
ははは。回覧板でとんだ騒動ですね。

回覧板とコミュニケーション難民の関係はよく分かりませんが、
田舎の場合、回覧板抜きでもコミュニケーションは取りやすいですね。
近所の人数も知れていますから、「面が割れている」って感じでしょうか。

お写真。秋空の様で気持ち良いですね。
Commented by sustena at 2014-01-23 21:49
iwamotoさん、M1です。元の大学の院に行ってるの。なのでまた入学金が必要になったの涙
Commented by sustena at 2014-01-23 21:52
higphotosさん、うちのは「あのお兄ちゃんだれー」っていわれながらも、顔を合わせると挨拶してるみたい。ま、顔を見知ってるぐらいでいいんですけど。空は11月末の写真でした。最近はスッカーンと抜けた青空ですね、太平洋側は。


<< 松浦の太鼓      中川右介『歌舞伎 家と血と藝』 >>