2014年 01月 12日

ジョセフ・クーデルカ展

c0155474_2227395.jpg浅草で歌舞伎を見たあと、竹橋の国立近代美術館で開催中のジョセフ・クーデルカ展を観る。13日でオシマイなので、ギリギリ間に合った。

クーデルカは以前、東京都写真美術館でプラハ侵攻をテーマにした展覧会を見て圧倒されたんだけど、今回は、初期から最新作までを一覧した展覧会。全体が7部に分かれていて、
1 初期作品 Beginnings 1958-1961
2 実験 Experiments 1962-1964
3 劇場 Theater 1962-1970
4 ジプシーズ Gypsies 1962-1970
5 侵攻 Invasion 1968
6 エグザイルズ Exiles 1970-1994
7 カオス Chaos 1986-2012

このなかでびっくりしたのが、3の劇場。演劇雑誌での仕事をきっかけに、プラハに新しくできた劇場の撮影を任されたというが、これが三人姉妹?と絶句しちゃうような実験精神にみちた舞台写真。でもジプシーを撮った写真が、たとえ被写体が直立不動でも芝居の一場面に見えたりするのは、舞台写真の経験が下敷きになっているからかしらんと思ったたことだった。

それが一転、6と7では、ひとけがほとんどない、人がいても、自分と完全に隔てられた世界が写しだされる。ことに7の「カオス」では、パノラマフォーマットのカメラで、古代ローマ遺跡群や、英仏海峡や石灰岩の採掘現場などの、荒涼とした景観の中でごろんと投げ出された人間の存在/不在があらわに感じられる写真が興味深い。そして、どの写真も、スタイリッシュで、鋭敏なセンスがひりひりするよう。

ギリギリまで会場にいて、外に出たときはもう真っ暗だった。
c0155474_2221258.jpg


by sustena | 2014-01-12 22:21 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2014-01-13 10:53 x
これほどお勉強したら、将来、あなたは何に成ってゆくのだろうね。
既に、遠いところにいるような感じがしますけど。
片足だけはこの世に留まっていてね。
Commented by higphotos at 2014-01-17 18:21
おぉ、面白い夜景写真ですね。
道路標識の映り込みがお洒落です。
実に都会なスナップです。
こういうのが撮りたいです。実に羨ましい。
Commented by sustena at 2014-01-18 23:41
iwamotoさん、そうやってヒトをユーレイのように言わないように!
Commented by sustena at 2014-01-18 23:43
higphotosさん、ありがとうございます。ただしっ、あとで映り込んでいるのを発見しました(汗) じっくり見たかったんだけど、5時とともに追い出されてしまいました。で、外はもうこんなに暗かったので、ああ冬だなぁとシミジミ。


<< 口を出すよりカネを      新春浅草歌舞伎 第1部 >>