2013年 10月 24日

情熱の??シーフードカレー

忙しくても、昼はなるべくなら外に出てちょっとは歩かないと、椅子にお尻がくっついてしまいそうで、とくにどこへ行くというあてもなく歩いていく。きょうは、海鮮丼と稲庭うどんのセットにするか、はたまたおごって穴子丼にするか、あるいはラーメンか・・・となんとなく穴子コース方面に足をのばすと、ふと見慣れぬ看板が目についた。

やや、これは??
c0155474_2123154.jpg

「魚介ゴロゴロ」の表現が気になって、突然カレーの胃袋とアタマになって、2階へ上がっていく。

でも、シーフードカレーというのは、へたをすると、冷凍のイカと小さなエビか何かが入って、ただ冷凍臭い、シャワっと水っぽいシーフードセットが入ってるものだったりする。でも、元仲買人とあるし、カレーでこんな値段を取るのだからと、吉と出る方に期待を寄せたのだった。

聞けばお昼は1カ月ぐらいに始めたばかりで、シーフードカレーのメニューだけなんだそうだ。
1100円のものを頼んで、カレーにしては待たせるよねぇと思ったころに料理が出てきた。

まずはサラダ。おやっ、タコさんが入ってる。
c0155474_21292249.jpg

カレーの具は、かなーり大きいカキ2個、大きなホタテひとつを2つにヨコにスライスしたの、大きめのアサリ3個、そしてプリッとしたこれまた比較的大きなエビ(頭はなかったけど、たぶん10㎝ぐらいだと思う)
それがちょうどよい火の通り加減で入ってる。なかなか感動的であります。
c0155474_21395246.jpg


そんなに混まないからと一人で入ったのにカウンターでなく窓際の4人が座れるテーブル席に案内してくれた。窓から軒を見上げてると飽きないのだった。
c0155474_21334979.jpg

メニューをみせてもらったけど、夜もリーズナブルな感じ。いつか夜のみにきてみたいなー。
(でも、ランチどきぐらい完全禁煙にしてほしい)

by sustena | 2013-10-24 21:37 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by Cakeater at 2013-10-26 16:09 x
あ、この頁を見るのが遅すぎた。24日の現場が有楽町で、しかも3時に終わっちゃったので、知ってれば、探して味見したのになあ。
URLにミルクをぶっ掛けて、高速撮影していかにもローブをモデルが着ているような写真の記事を入れときました。うん、こんな趣向もあるんですネエ。アマチュアにはとても無理だけど、すごいです。でも、なんか、元になった、絵のピンナップの味の方が好みです。lololol
Commented by higphotos at 2013-10-26 16:24
わぁぁぁぁ、実に美味しそうです。
魚介のサラダも良いですが、カレーも
機会があればお店、探してみます
Commented by sustena at 2013-10-27 23:14
ミルクをかけたピンナップすごーい・・・・。
関係ないけど、この秋に公演でやる舞台のひとつは、胴体真っ二つの魔術??なんだけど、昨日クリス・エンジェルの胴体切断マジックの映像を見て、ボーゼン。うちらの宴会芸の延長とくらべちゃあいけないんだけどね。
Commented by sustena at 2013-10-27 23:16
higphotosさん、知人にこの店を勧めたんだけど、昨日の台風の日に行ったら、席は空いてるけど、魚がないといわれたそうです。どこかのホテルと違って、たしかに鮮魚というべきか・・・。


<< 国立劇場10月 歌舞伎公演「一...      忙しいッ! >>