いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 22日

ラウンドアバウト

昨日、軽井沢に出かけたときに、雲場池の近くでラウンドアバウトの看板を見かけた。
(こういうタテカンがあると、工事中の看板かと、すぐに目が行く習性があるのだ)
c0155474_2293159.jpg

ほおー,イギリスではよく見かけたような気がするけれど、日本にあったとは! と、近くまで行ってみた。
ここであります。この写真では、他の道路との関係が分からないので申し訳ないんだけど、この絵みたいに、何本かの道路が円の中心からのびてるのであります。(でも驚くほど小さいスペース)

いきなり、こんな道路に出くわして、みんなスムーズに対応できるのだろうか? 私はさっぱり運転しないから勝手がわからないんだけど、信号でいちいち止まらなくてもいい点は便利なような気がするけど、ものすごく交通量が多いときには、結局なかなかこの中央部にたどりつけず、渋滞に原因になりやしないのか??など、現場だけ見ても、サッパリ掴めないのだった。
c0155474_229017.jpg

この先の庭の花がきれいだったなー。
c0155474_22124292.jpg

雲場池には韓国からの観光客がいっぱい。水面は涼しそうだった。
c0155474_22132077.jpg

c0155474_22133374.jpg


by sustena | 2013-08-22 22:13 | つれづれ | Comments(6)
Commented by iwamoto at 2013-08-23 07:10 x
時計回りなのですか、あ〜、そうなんだ。
勝手に、反時計回りと思っていました。
でも、左側通行だと、時計回りが良さそうですね。
日本に根付くかしら。
子供の頃、陸上をやっていたので右回りが出来ません。
Commented by sustena at 2013-08-23 09:51
陸上が左回りなのは、心臓をガードするためでしょうか??
iwamotoさんの動物園の写真を拝見。処暑のけさは、風が少なくジトッとした天気。動物たちのように、日陰で足をだらんとっせて寝ていたい。。。。と思ったことでした。さっ、今から仕事、仕事!
Commented by Lucian at 2013-08-23 21:26 x
これに近いロータリーは回ったことがあります。
やはり左側通行では左が道の外側という感覚があるので、
時計回りが自然な感じがしました。
 
陸上のトラックが左回りなのが心臓をガードするためというのは、
脳科学が未発達だった時代の仮説だと思います。
空間認識を司る右脳は、視野の左側の認識を得意とするので、
運動時には左回り(反時計回り)が適しているのです。
店舗などを設計するときは、客の動線が左回りになるように配慮しないと深刻な問題になるでしょう。
ちなみに、トラックを右回りに走らせると、記録は8割に落ちるそうです。
Commented by sustena at 2013-08-23 22:18
Lucianさん、なるほどー。一次運動野や一次体性感覚野は、中心あたりにあるのでは?と一瞬思ったんですが、空間認識はたしかに右ですねぇ。記録がそんなに落ちるのもびっくりです。
公園で時計回りに歩くと、いつもとは違った景色なんですけど、ちょっと落ち着きません。なので普通は反時計回りに歩くのですが、前方から時計回りに走ってくる人もいて、人それぞれなのか??と疑問に思ってたりしてたんです。
Commented by Cakeater at 2013-08-24 21:55 x
アシックスの足の本を読んだときに、人間は利き手の右左とは無関係に左足が重心足で、右が方向足(つまり左の方がとろい)と知りました。これだと普通に動くと左へ回るのが進行をともなう運動では自然となります。
この左重心足による人間の動きの癖を逆手にとったのがマシューズフェイント、釜本が得意にした相手の右手へ抜けると見せかけて、相手に右への動きをおこさせて、その左へ抜けるフェイントです。この場合相手の重心を崩して、左足で地面を蹴っているのですが。
当然抜きのゲームであるバスケットでも同じ動きがありますが、さらにこの裏をかく動きがマジックジョンソンの左すり抜け(相手の右をぬく)も同じ重心移動を、蹴りの力でやろうとすると蹴る前のタメが必要になる分遅れますが、逆に重心足の力を瞬時抜く(つまり転ぶ)速さで重心が崩れてない相手でもぬいてしまう。もうひとりジダンのマルセイユルーレットドリブルは、この複合技です。
Commented by sustena at 2013-08-24 23:02
Cakeaterさん、利き手とは関係なく、というのがホントかどうかよくわからないのですが、 なぜ左足が重心足で、右が方向足なのか、という理由がやっぱりよくわかりません。競馬場は左回りと右回りの両方があるけど、馬はどーなのか?とか、F1のサーキットも右回りも左回りもあるのは、いろんな場所でトライさせるためか、たまたまか、あるいは車の構造のためかとか、右と左を考え出すと、いろいろではこれは・・・?というのが出てきますねぇ。


<< 励ましの坂      スイカの誘惑 >>