2013年 08月 15日

一人KY

勤め先の近くの工事現場をふと覗くと、「一人KY実践中」とあった。

KY? 「空気が読めない」でも、「価格安く」でもないよねぇ。工事現場というからには「危険予知」だろうというぐらいは想像が働いたのだが、いったいどのように実践するのか興味がわいた。

私が外出するとき、窓の戸締りヨシ、ガスの元栓ヨシ、ケータイ持った!と指さし確認するようなものであろうか。

こういうとき、インターネットは実に便利なものである。「ひとり現地KYの実施」という資料があった。
やっぱり「安全帯 手すり掛けヨシ!」「介錯ロープ誘導ヨシ!」なんて具合に指差呼称するのである。でも自分だけやるのは「恥ずかしい」とか「照れくさい」、あるいは「面倒くさい」など定着に向けての課題もあるんだという。

なるほどねえ。

それにしても、他にもスローガンがいっぱい掲げてある。お疲れ様です<(_ _)> と思ったことでした。
c0155474_10461255.jpg


by sustena | 2013-08-15 10:46 | つれづれ | Comments(6)
Commented by Cakeater at 2013-08-15 19:59 x
まあ、電通の鬼十則みたいなもんです。裏十則がちゃんとあるように、まもられてないから、こうやって「手順ルールを守れ」「適正に」「情熱をそそげ」なんて言葉が並ぶんです。まあ、KY活動に関しては、ちゃんとやれば、非常に安全度が上がりますけど、形式化形骸化タテマエ化してしまうんですよねえ。lolololまあ、これだけ言ってるのに事故ッたら、それは自己責任だという意味もあります。LOLOL
Commented by sustena at 2013-08-15 21:07
Cakeaterさん、この標語も毎年募集して選んだりするんだろうか・・などと考えてしまいましたデス。
Commented by Lucian at 2013-08-16 11:52 x
2年前に工事現場で死亡事故が起きた後、KY活動をさらに徹底させようとして、
朝礼に加えて昼礼まで設けて安全確認を増やしたのですが、
昼休み時間が短縮されて疲労感が増えただけだったとか。
やり過ぎても効果がなくなるし、全然やらないともっと危険になる、永遠のテーマですね。
Commented at 2013-08-16 16:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2013-08-17 10:39
Lucianさん、私はこの標語を見て、「一人」というところに最初意外な感じがしたんです。お互いとか複数でやるのかなーとなんとなく思ってたわけです。
基本中の基本であってもオロソカにしないことが大事ということは分かっていても、なかなかムズカシイことですね。
Commented by sustena at 2013-08-17 10:41
Pくん、私はしょっちゅうケータイを忘れます。火元や家の鍵は、家を出てから不安になってしまうので、指さし確認した事実があると、安心。目視だけだと、このトシになると頭に定着しないんです、たぶん。


<< 宮大工とカット      花火大会 >>