いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 07日

小皿は侮れない

昼休みはついつい決まった店に行きがちなのだけれども、新しい店がオープンしたり、たまに遠征したい気分になると、フラフラと歩いて、これは、と思う店に突入する。ちょっと足をのばすと入ったことのない店がいっぱいあるし、新しい店も次々にオープンするので、食べる店には困らない。

最近オープンした会社近くの割烹、昨日のメニューは海鮮丼とふぐの唐揚げ丼の2つだった(どちらも1000円)。海鮮丼は別の店で火曜日に食べたばっかりだったので、フグの唐揚げ丼にしたのだが、フグの唐揚げが少々油っぽいのに加え、なんと一緒に出てきたのが豚の角煮と、豚汁だった。これは取り合わせのセンスがなさすぎるのではないかー。その三枚肉もかなり油っぽくて甘すぎでゲンナリ。

一方、小皿など、ちょっとしたものにも神経が行き届いている店は、夜のメニューやお酒をチェックしておき、気のおけない仲間と飲むときに出かけてみる。

ここは先日野菜雑炊を食べたお店。酒肴はどれもきちんとしておいしかったけれど、肉豆腐の味がしみていてよかったなぁ。昼にこの豆腐の牛肉なしバージョンに出合って、以来、飲む機会を窺っていたのであります。4丁目三越裏あたりの「和もと」さん。
c0155474_2149450.jpg


by sustena | 2013-06-07 22:11 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2013-06-07 22:43 x
うん、この肉と豆腐の色いいなあ。おいしそうです。
前回のシラスはなんか今一つ、よだれがでませんでしたけど。
Commented by sustena at 2013-06-07 23:08
はい、この肉豆腐はおすすめです。一見、家庭料理ですぐ作れそうではあるんですけど、しみ具合が絶妙でした。肉もギトギト感がなくて好みでした~。


<< 天使の分け前      第364回 国立名人会 >>