2013年 06月 01日

日本橋川でルネサンス・リコーダーを聴く

c0155474_22184599.jpg本日知人に誘われて日本橋へ。日本橋川の江戸橋から常磐橋周辺までを船で行き来しながら、船上でルネサンス・リコーダーに耳を傾け、都市の音風景を感じようというイベントが開催されていたのだ。

船に乗り込んだのは20名ちょっと。
日銀の向きの話、かつての渋沢栄一邸のあった日証館は、日本橋川から見てもとかもきれいだとか、東京で最も古い石造洋式の常磐橋は江戸城の石垣を壊してつくられたとか、橋や周辺の建築物の建築学的な解説を鷲野宏さんが担当。サウンドスケープの観点からの解説は鳥越けい子さんが行った。

太田光子さんのリコーダーと辻康介さんの歌は、石橋のアーチの下で反響し、高速道路の交通音とまじりあって、なんだか不思議な音風景だったな。1時間10分のクルーズだが、心地よい風が吹いてて、ゆったりした気分♪

日本橋川にかぶさっている高速道路はめちゃ醜いんだけど、これはこれで戦後の都市風景を雄弁に物語っていて、高速を今後取っ払うことができればずいぶんと味わいのあるまちになると思う一方、歴史として高速をとどめておくことにも、それなりに意味があるような気もするのだった。どうなのかなぁ・・・・・。
c0155474_21574579.jpg

c0155474_21575639.jpg


by sustena | 2013-06-01 22:16 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by Cakeater at 2013-06-01 22:30 x
もう、耐震補強工事やるくらいなら(警備会社は高架のままの集中工事の方が儲かるけど)地下走らせてしまえということになるかも。土木ゼネコンはその方が儲かるだろうから。景観美と銭勘定が一致するものね・・・・・でも、高速なくなっても、回りのビルがそれほど美しくはないと思うのだけど。
3月に体調崩れる前にルータを買ってたのを思い出して、本日トライ。半日かかって、ようやく設定。さて、いつWi-Fi に手を出すか。lololol
Commented by sustena at 2013-06-01 22:51
地下の工事もお金がかかりますよね。でも、首都高などは補強の費用も天文学的。とうてい外環や外環その2なんて建設する余裕なんてないと思うんだけど。
それはともかく,土木ゼネコンが景観の回復でお金を儲けるようなカタチで公共事業を発注しつづけるしか手はない?


Commented by ken_kisaragi at 2013-06-04 22:22
面白い企画ですね、、、誰が考えるのでしょう?
お二人とも第一人者、主旨を無視して、
できればちゃんとしたとこで聞きたい気もしますが(笑)
え〜とっ、こういう景観て嫌いじゃないけどね。
Commented by sustena at 2013-06-05 23:18
kenさん,知人のサウンドスケープ研究家の企画です。
うちの息子がいま大学院の授業で日本橋をテーマにまちの将来などをいろいろ検討しているらしいんですけど、建築家の卵たちは、この高速は残すのもアリだって言ってるみたい。いかにも日本らしいといえば、いえますねぇ。韓国では取っ払っちゃいましたけど。


<< フクロウの赤ちゃん      三池崇史監督「藁の楯」 >>