いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 27日

梅佳代展

c0155474_21201811.jpg初台にある東京オペラシティ アートギャラリーで梅佳代展をやっている(6月23日まで)ので、近くに出かけたついでに見てきた。

未発表を含む約570点が、次の6つのパートに分けて展示されている。

1:シャッターチャンス Part 1
2:女子中学生
3:能登
4:じいちゃんさま
5:男子
6:シャッターチャンス Part 2

生来のコミュニケーション能力と、動物的な反射神経でシャッターチャンスをここぞと捉えたストリートスナップ、路上で仲良くなった小学生の男の子たちのバカで無敵な表情を活写した「男子」シリーズなどとても楽しい写真が続くのだが、今回初めて見てへーえと思ったのは、梅佳代が専門学校時代に仲良くなった近所の女子中学生たちを:学生寮の自室に招いて撮影した「女子中学生」シリーズ。女の子たちがブラジャーをかぶったり、バナナや大きな大根を股にはさんだりと、決してほめられた格好じゃなくて、見てて楽しいというよりは、よくやるわ・・・とゲンナリするくらいなんだけど(あんまり見てうれしい写真じゃない)、同性の前だからこそ、あっけらかんとこんなカッコもできたんだろうなぁ・・・と思ったことだった。

見に来ていたのは若いカップルが多くて、「男子」の部屋では、「ほんと、男ってバカだよねー!」という感嘆の声が。そして「じいちゃんさま」の部屋では、10数年来彼女が撮り続けてきたおじいちゃんとおばあゃん、おじいちゃんが大好きな妹、飼い犬のありきたりでかけがえのない日常の一こまが、年代を追って並べられていて、ああ妹さんは結婚したんだなぁ、おばあちゃん、死んじゃったんだねぇ・・と、みんなが自分の親戚の写真を見るみたいな気持ちで、いとおしさ、せつなさにじーんとしてたっけ。
c0155474_21163362.jpg


by sustena | 2013-05-27 21:36 | Art/Museum | Comments(6)
Commented by iwamoto at 2013-05-27 22:01 x
こういう写真は、何と言うか、よく分かりません。
Commented by Lucian at 2013-05-27 22:36 x
だいぶ前から人を撮らなくなってしまったので、
盗み撮り的でなく豊かな表情を写せる人は尊敬します。
Commented by sustena at 2013-05-28 12:15
iwamotoさん、私は基本的に人が写っている写真には目を吸い寄せられてしまうたちです。
Commented by sustena at 2013-05-28 12:19
Lucianさん、人との距離が絶妙な写真にはあこがれてしまいます。
仲間の写真も、ちゃんと声をかけて撮った写真と、ずーっとレンズを向けてて、ここって撮るときとでは違うんだけど、ピースをしてても、こっちをちゃんと向いた写真がよかったりと、イロイロですねぇ。
Commented by ken_kisaragi at 2013-06-04 22:30
興味本位そそる一瞬を捉えたものですが、
それ以上に愛を感じる写真ですよね。
Commented by sustena at 2013-06-05 23:20
私はkenさんのネパールや雲南のポートレートが、大阪のまちを撮ったものと同じように好きですー。


<< 杮葺落五月大歌舞伎      大きくなったバンのヒナ >>