いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 26日

大きくなったバンのヒナ

公園に散歩に行ったら、バンのヒナがすぐ近くでエサを探していた。もうずいぶん大きくなった。親は近くにはいない。もうひとりでずんずん行動するようになったのかなぁ。でも、つついているときにコイがよってくるとびっくりしてたりするのがカワイイ。近くにもう一羽のヒナがいて、少なくとも2羽は生き残ったみたい。
c0155474_1773398.jpg

センダンが咲いて、ユスラウメの実がなってる。赤いのを選んで食べてみるとけっこうおいしい。
c0155474_1781617.jpg

c0155474_1783476.jpg

ネズミモチの白い花が咲き始めた。見上げると、モミジの翼果が光ってる。
c0155474_1795396.jpg

c0155474_1710040.jpg

アジサイもそろそろ色がついてきて、ドクダミは満開。もうそろそろ梅雨ってことだなぁ・・・・。
c0155474_17103165.jpg


by sustena | 2013-05-26 17:11 | 小さな自然 | Comments(8)
Commented by Lucian at 2013-05-26 21:12 x
このバンは、クチバシが赤から黄色になり、
うぶ毛が抜けて生え変わっているので、
ヒナではなく幼鳥になります。
成鳥になると目とクチバシが再び赤くなります。
ネズミモチは見たことがありませんが、東京が北限かもしれませんね。
Commented by Cakeater at 2013-05-27 01:14 x
D7000の90ミリあたりで、ここまで寄って撮れたんですねえ。
こんなにバンに近づかせてもらったことないから、ものすごく新鮮です。
かわいいなあ。
Commented by iwamoto at 2013-05-27 08:03 x
ネズミモチは庭にあって、こちらにはネズミの木と言われていました。
今は枯れて倒れましたが、最後にはクマバチが巣を作りました。
そういえばキツツキが来たことも。
とても強い木なので、それでネズミの木というのかと思っていました。
絶えることなく増えるのです。 実がネズミの糞に似てるからと言う人も。
Commented by sustena at 2013-05-27 22:40
Lucianさん、最初にみかけたときからそろそろ1カ月ぐらい経っているので、たかしに幼鳥ですね。大人になると羽も黒く、口がくっきり赤いので遠くからでもそれとわかります。きょうはアオゲラがこどもを産んだというニュースが広まって、長玉をもったカメラマンが大勢押し寄せていました。
Commented by sustena at 2013-05-27 22:41
Cakeaterさん、60㎜なのでぴったし、換算90㎜です~。1mも離れていませんでした。
Commented by sustena at 2013-05-27 22:45
iwamotoさん、実がネズミのフンに似てるだなんて失礼ですよねぇ。それで葉っぱがモチノキに似ているからネズミモチっていうって、ものの本にはありましたが。あっ、でも私はネズミモチの実も、ネズミのフンも見たことがありません。
Commented by iwamoto at 2013-05-27 22:56 x
ahaha、そういえばネズミの糞はどんなんでしょ。
木があったので「実」は何度も何度も見ています。
それは、ネズミの糞もかくや、と思わせるものと言えるでしょう。
とにかく繁殖力(?)は凄いです。 それに、地面スレスレに切っても枯れません。
釘を打とうが、灯油を掛けようが、塩を撒こうが、くたばるものではありません。
Commented by sustena at 2013-05-28 12:21
そうですかー。ちゃんと覚えてて実をチェックしなくっちゃ。
それにしても、そんなに根性フルな木だとは知りませんでした


<< 梅佳代展      超おすすめのわっぱ飯定食 >>