2013年 05月 12日

初夏の白い花

きょうはおもいのほか晴れたので、うれしくなって公園に散歩に。ニセアカシアはもうかなり花が落ちて、かわってエゴノキの鈴なりの白い花が満開。近くを通るとふっといい香りがして、何輪か花が散っているので、見上げるとエゴノキがあることがわかる。
c0155474_15531336.jpg

エゴノキは、実がエグイ味だということからエゴノキというそうだが、英語ではJapanese Snowbellで、こっちのほうがずっと可憐な名前。なんでも日本原産のようで、むかしから、ちさの木とも言われ、わらべ唄や和歌にも登場している。そうそう、いま歌舞伎座の第2部で演っている「伽羅先代萩」の飯炊きの場面、御家騒動の真っ最中で、若君が毒殺されないように乳母の政岡が茶道具でごはんを炊くんだけど、こどもだからおなかがすく。政岡は息子の千松くんに、ごはんが炊けるまで歌をうたうように諭して、千松が歌うシーンでこの「ちさの木」が出てくる。

「こちの裏のちさの木に ちさの木に、雀が三疋止まって止まって、一羽の雀が云ふことにや云うことにや・・・」
c0155474_15515214.jpg

c0155474_155215.jpg

c0155474_15521384.jpg

c0155474_15522512.jpg

c0155474_15523484.jpg

ところでいまの季節、とくに中高木に白い花が多いような気がする。ニセアカシアもトチノキの花もそうだし、そろそろ咲き始めるヤマボウシも白いなー。
c0155474_15541116.jpg

エゴノキはふんわりした香りだけど、ちょっととんがった香りなのがノイバラ。これも白いね。
c0155474_15545666.jpg

c0155474_1555977.jpg

下池にまわると、数日前から咲き始めた睡蓮の花が一斉に開いてる。遠くにアオサギ。ズームしてトリミングしたけど、ぼわーっとしてる(;_;)
c0155474_15563351.jpg

c0155474_1556515.jpg

c0155474_1557021.jpg


by sustena | 2013-05-12 15:56 | 小さな自然 | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2013-05-14 19:45
私も最近撮っていますが、白い花って難しいですよね。
どうしても暗くなるので露出補正に困るとか・・・。
あまり明るくしちゃうと飛んじゃうし。

睡蓮の花が上品で素敵です!
Commented by sustena at 2013-05-14 21:32
esikoさん、本当にむずかしいです。これまで撮った白い花で、コブシ以外に満足のいくものが撮れたためしがありません。色も露出もF値もISOも、もうどーしていいかわからない。ピンもピタッとこないし。ぶつぶつ。睡蓮もいつも散歩に来るたびに1,2枚撮るんだけど・・・・。


<< 目が吸いよせられる      『世界で最も美しい書店』にタメ息 >>