いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 03日

確率の話・つづき

先日、隕石に当たるのと宝くじに当たる確率はどっちが高いのかという話で、「だれか教えて~」と結んだけど、考えてみたら、自宅の書庫を漁るより図書館でチェックしたほうが早い。そこで本日、図書館で池内了先生の『考えてみれば不思議なこと』を借りてきました! じゃーん。

隕石と宝くじの話は真っ先に出てくる。

タイトルは「宝くじに当たる確率は隕石に当たる確率よりも小さい?」というもの。
しかし・・・・・。私が期待していた数字はまったく出ていないのでした(;_;)

その項を書き写すと・・・・

--------------------------------------------------------
「一千万円以上の宝くじに当たった人が、戦後だけで四三二〇人もいます。さあ、貴方も幸運を射止めて下さい」という宝くじの宣伝がテレビに流されました。四千人以上も宝くじに当たったと聞けば、すごく確率が高いように錯覚して買う人が増えるかもしれません。しかし、宝くじで一等に当たる確率は、全人口で均すと空から落っこちてきた隕石に当たる確率より小さいくらいなのです。では、なぜ確率が高いように錯覚するのでしょうか。
--------------------------------------------------------

このあと、錯覚するのは、この宣伝コピーには、売り出された宝くじの数あるいは宝くじを勝った人の数が入っていないからで、分母をいわずに分子の数だけ伝えていかにも大きいように思わせている、と続き、数を使って錯覚させるテクニックについていくつかの例を挙げる。(たとえば、「人生はたかだか百年」というのと、「たかだか三十億秒」というのではどちらが長く感じられるか。あるいは「三万六千日」という場合は?)

そして、数を聞いてすぐ大きいとか小さいとか判断せず、どんな単位の数字なのかを考えてみることが大事だぞとしめくくってる。

そーなんです。冒頭の文章には隕石に当たる確率がどれくらいか、一言も触れられていないのでした!そこが知りたかったのに、宇宙物理学者にとってはジョーシキなんでしょうか?

なので結局、隕石に当たる確率がどれくらいなのか、いまだによくわからないワタシでした。
c0155474_17524244.jpg


by sustena | 2013-03-03 17:56 | つれづれ | Comments(12)
Commented by iwamoto at 2013-03-03 19:50 x
隕石に当たった人というのを知らないのですが。
家に落ちたとか、クルマに落ちたとかは聞いてますが。
Commented by sustena at 2013-03-03 21:28
ですよねぇ。。。地球にふってくる確率ならわかる気がするんですけど。でもあの聡明な池内先生だし、とワタシはボーゼンとしてるのでした。
Commented by Lucian at 2013-03-03 22:20 x
隕石が地球に落ちて燃え尽きないで地上に衝突する確率が2万分の1。
人にぶつかる確率が100億分の1。
宝くじを買って1等が当たる確率が1000万分の1。
買わない人を含めて当たる確率は???
人類全体を考えると確率や統計の話は妥当ですが、個人だとミクロのレベルになって揺らぎが加わるので量子論の世界になってきます。
Commented by Cakeater at 2013-03-03 23:22 x
数字が出てる宝くじに当たった人の数が平成元年からの推計でも、倍はいるようで、このCMの話がいつの時代のものなのか不明です。
まず、計算の元のデータの検証を池内さんがしてないことは間違いないでしょう。CMで言ってるからと。。。まずこの数字を前提にしましょうかというあたりだとすると、自分で観測データを集めず、他の研究者のデータから全体構造を推論するという宇宙論学者の方法論に染まりすぎてしまったのかも。
平成に入ってから日本で隕石に当たった人が一人も報告されてない以上、池内さんの言説の不正確さは明らかのようです。
ま、自分は買わないと言う個人の感情を合理化してコケてるだけの話だと思います。
一月三千円ずつをためて3万6千円。それで「夢」を楽しむか、貯金しておいしいものを食べるか、うまい酒を飲むか、高級鯖缶を100個買うか、カメラを買うか。そういう種類のことと経済活動を混同する愚を口にしたくはないです。
Commented by sustena at 2013-03-04 23:53
Lucianさんに教えていただいた確率を拝見すると、池内先生は隕石が地上に衝突する回数あたりをイメージなさってたんじゃないかという気もしますが。いずれにせよ、損するのがイヤで買わないケチな私にとってはどうあっても確率はゼロなのでした。(拾ったのが偶然当たるという場合もないではないけれど、それこそ隕石が当たる確率ですねぇ・・)
Commented by sustena at 2013-03-04 23:55
Cakeaterさん、私は息子に「夢がない」といわれております・・・。ところで全然違うところに反応してしまったのですが、高級鯖缶って猫ちゃん用ですか?
Commented by sirokabu2011 at 2013-03-05 11:59
大変 勉強になりました(^^ゞ
なるほど~宝くじの場合 分母の単位まで測られては仕方が無いのでキムタクを起用してまで買わせようとしてるのですね(笑)
Commented by sustena at 2013-03-05 21:57
sirokabu2011さん、そーですよね。買う人がみんな確率を考えていては商売あがったりで、みんな運を信じて買うわけだから、景気のよさそうな、運を手元に引き寄せてくれそうな、もしくは何も考えずに見とれちゃうような人を選んで広告するんでしょうね。それにしても、あたっても交換しない人もけっこういるっていうんですから、鷹揚というか・・・。
Commented by Cakeater at 2013-03-05 21:59 x
ええと、esikoさんとこで話題になってる金華サバと同じあたりで獲れたものを人間用に缶詰したものです。lololol.今ストックしてるのは三陸沖さば使用辛口津軽味噌ってやつで静岡市清水区の食品会社のもの。
やっと温かくなってきましたね。でも、練馬も環七と目白通の交差点の豊玉陸橋なんて現場にはまってますと、さっぱり花も猫も無縁疎遠。銀座風景なつかしぞえ。。。です。
Commented by iwamoto at 2013-03-05 22:49 x
Cakeater さんが出された例は、とても納得のいくものでした。 高級鯖缶の値段も分かりましたし。
前後関係から判断できるもので、適切な目の付けどころ。 しかもセーコちゃんの金華鯖も連想させていたしね。
竹内先生の話には無理があります。 データが無い筈のことを言っている。
それはオッカムの剃刀で切られます。
Commented by esiko1837 at 2013-03-08 20:09
こんばんは。
数字と聞いただけでパス!
目まいがして何も考えられなくなります。
なので、確率なんて全く考えないで宝くじを買う事が出来るんです。
考えたらお金が勿体なくて買えませんから。

私が買った高級サバ缶、サステナさんが震災後に子供の書いたイラストのラベルのをを買ったでしょ?
あれです。
Commented by sustena at 2013-03-11 00:05
Cakeaterさんにlwamotoさん、esikoさん、私が生まれて初めて買ったサバ缶が、震災後に石巻支援の朝市が買ったサバ缶で、ちょっと高いのは支援のためだと思っていたら、高級サバ缶だったのですね。うむー。
魚のカンヅメはあまり買ったことがなくて、十年以上前だったかな、鮭の中骨缶を二度ほど買ったぐらい。そういえばツナ缶も大学時代から数えて全部で5缶ぐらいしか買ったことがない。一番消費量の多いのは、ホタテかアサリの水煮だと思う。カニ缶はそれこそ手が出ないし。


<< フライト      小林信也『江戸の都市プランナー』 >>