いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 13日

西荻窪のcozyなお店

西荻窪には、すてきな飮み屋がたくさんあるのだけれど、わざわざ外でイッパイやることは滅多になく、以前から前を通るたびに入ってみたいなーと思っていたお店に、きのう初めて入った。

NORABOというお店であります。野菜の 野良坊菜からとったみたい。
昭和の香りを残しながら今風テイストにしつらえたインテリア、アンティークな食器、地元の野菜を中心とした家庭料理をちょっとおしゃれにしたメニューが並ぶ。メニューはたとえば、揚げ物だったら、蕗の薹とチーズの揚げ春巻き、紫いもと銀杏のがんもどき、秋じゃがとわかめのかき揚げといった具合。片っ端から頼みたくなるけれども、そんなにいっぱい食べることはできないので大いに悩む。

コースターはこんな感じ。
c0155474_22325549.jpg

日本酒は頼むたびにいろいろな片口が出ていて、最後に出てきたのはこれ。酒の象形文字?が描かれた木の器。そそぎやすかったなー。
c0155474_22304714.jpg
ちょっとかけてるけれど、私、このお猪口が大好きなんです、と言って出してくれた感じのいいお店のお嬢さん。
c0155474_2231855.jpg

地野菜とお豆腐のサラダには、キウイやイチゴも入っていて、ごまだれがドレッシングがgoodでした。
c0155474_22312713.jpg

海老、木耳、銀杏入りの蓮蒸し。
c0155474_22314484.jpg

おしまいは牡蠣と牛蒡の土鍋ごはん。ぷりぷりの牡蠣がいっぱい入っていて、食べきれないぶんはお土産に詰めてもらって大満足。
c0155474_2232140.jpg


by sustena | 2013-02-13 22:32 | 食べ物 | Comments(0)


<< 隈 研吾『小さな建築』      ジュリアン・バーンズ『終わりの感覚』 >>