2012年 12月 30日

カミセミが近くに!

29日から正月休みに入り、29・30・31日の3日間で大掃除とおせち料理を作らなければならない。
今年は頼みの息子が、卒業制作でピンチ!と焦り狂っているので、窓拭きは来年に持ち越すことにして、ワックスがけと換気扇を中心に台所、リビングの片づけを中心にすることにした。なにしろ、31日に蕎麦打ちをわが家で催すことにしたので、だんだん小さくなっている部屋をなんとかしないと!と自らにプレッシャーをかけたのである。

その前に公園の散歩に出かけたら、なんとまぁ、こんな近くにカワセミが!(手前の石積みのところ)
c0155474_9532515.jpg

ふだんは木の陰で近寄るだけで逃げていくのに、実に悠々としたものである。
毛づくろいをしたり、水面をじっとにらんだり。
c0155474_9533588.jpg
c0155474_9535010.jpg
c0155474_9535912.jpg
c0155474_954766.jpg
c0155474_9542063.jpg
結局、30分近く眺めていたよ。ああっ、片づけが待っているのに。
c0155474_9542949.jpg


by sustena | 2012-12-30 23:55 | 小さな自然 | Comments(4)
Commented by Lucian at 2012-12-31 12:57 x
カワセミもふだんの警戒から休暇を取ってのんびりしているようですね。
それにしても超ラッキーですね。
長玉で張込みをしてやっと撮れるシーンですよ。
Commented by iwamoto at 2013-01-01 11:30 x
カワセミちゃん、可愛いですね。
しかし、よく撮れたものだと感心してしまいます。
元旦、多摩川でアオサギを撮りました。
Commented by sustena at 2013-01-01 14:57
Lucianさん、換算200ミリだったんですが、こんなに近くでラッキーでした。最近このコはこの場所がお気に入りのようで、毎日のように出会います。
Commented by sustena at 2013-01-01 14:59
iwamotoさん、こんなに長い時間、悠然としていたのは驚くほど。ほんの2メートルも離れていなかったんです! 最近はこの池でハシビロガモの数を数えるのが日課です。


<< つきたてのお餅は最高デス      井手洋子『ショージとタカオ』 >>