いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 30日

経過

退院して明日で2週間である。なんだか月日が経つのはメチャ早いなぁ。
先週木曜日に病院へ行ってきた。主治医は退院翌日から出社してることに呆れてたけど、「これまで手術した中で5本指に入る順調さ」だと太鼓判を押してくれた。
レントゲンも問題なく、リンパへの転移も見られなかったとのことで、これでとりあえずは一安心であります。

ところで、入院前にあれこれ調べてもいまひとつわからなかったのが、左肺を半分取ったらどーなるのか、ということだった。
肋骨はそのままなので、取ったあとの外観がペチャンコになってしまうことはないにしても、カラッポのままではないだろうし。肺は酸素を取り入れて膨らんだりしぼんだりするから網みたいなものかというと、そうでもなくて、あるていど体積を占めているよjねぇ・・・・。

今回レントゲンを見たら、なくなった場所に左肺の下半分が移動してた。でも左肺の下葉部分がペシャンコになったわけでもない。いろんな細胞がちょっとずつ移動しちゃうのであうか。うーむ。

まだ信号の色が変わるからと走ったりできないけど、歩くペースも「ゆっくりめ」ぐらいになった。
ムダに咳は出るけれど、咳止めを飲むと落ち着いてるし、痛み止めも飲まなくても平気。

昨日は仲間との打ち上げでビールと日本酒とワインをひさしぶりにたんと飮んだよー。
c0155474_11272871.jpg
c0155474_11273552.jpg

今年のヒガンバナは夏がいつまでも暑かったのでいつもより1週間ぐらい遅い。ようやく一斉に咲き始めた。

by sustena | 2012-09-30 22:40 | つれづれ | Comments(8)
Commented by sirokabu2011 at 2012-10-01 19:11
ぼちぼちと云う感じでいいですね。無理されませんように(^_^)/
Commented by Lucian at 2012-10-01 21:16 x
エネルギッシュに活動されるので、濃密な時間が経過しているようですね。
経過がよいとのことで安心しました。
残りの肺が少し膨らむのと、横隔膜があがって残りの肺全体が移動してスペースを埋めるそうですね。
それでも残った空間には水がたまって埋めるようです。
こちらでは彼岸花は北限を越えているらしく見かけません。
Commented by nuts-co at 2012-10-02 15:34 x
sustenaさんが先生の5本指に入るっていうんで、会ったこともないその先生の手が好きになった!順調でよかった!といっても、無謀はだめですぞ。
イギリスは晩秋の気配。リスが木の実集めにかけずり回っています。
Commented by higphotos at 2012-10-02 18:39
経過良好とのこと良かったですねぇ。
ご家族も一安心ですね。

ですが、やっぱりというか、しっかりというか。
無謀ぶりにはビックリして呆れます。
ちゃんとご自愛ください。
Commented by sustena at 2012-10-04 23:36
sirokabuさん、私の辞書に「ぽちぽち」はないのかもしれません・・・。自分ではぽちぽちのつもりなんですけどね。
Commented by sustena at 2012-10-04 23:38
Lucianさん、それでも残った空間は水、なんですか??? ジャンプしたらチャプチャプ・・・なんていうわけないか。人間のカラダというのはフシギなものですね。
Commented by sustena at 2012-10-04 23:41
nuts-coさんはイギリスですか? そろそろコートの季節でしょうか。主治医はけっこうとっぽくて、私とテンポが全然ちがってて、ヒソカに気に入ってます。
Commented by sustena at 2012-10-04 23:44
higphotosさん、クライアントとの打ち合わせとかがあって、一日にあちこち出歩くと、やはりちょっと疲れて、帰ってから30分ばかりひっくりかえってますけど、だいぶ普段のペースになってきました。でも、そんなに早く仕事に復帰しちゃったら、ほかの人がたいへんだよーって言われました。


<< 南伸坊『本人伝説』      羽海野チカ『3月のライオン』1~7巻 >>