いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 24日

羽海野チカ『3月のライオン』1~7巻

c0155474_22571551.gif息子が友人から借りたという羽海野チカさんの『3月のライオン』(白泉社 1巻2008年2月 7巻2012年3月)を奪い取って読む。

東京の川っペりの六月町に住む桐山零は17歳のプロ棋士。幼い頃に事故で家族をなくし、父の友人のプロ棋士に引きとられるが、その家を出て独り暮らしをはじめる。心に深い傷を追い、孤独を友としてきた零だったが、川向こうの三月町に住む川本あかり・ひなた・モモの三姉妹と知り合い、また高校の教師や棋士仲間の二階堂らとの交流を通して、少しずつ自分の居場所を見つけていく。

羽海野チカさんは、『ハチミツとクローバー』を描いたひと。『ヒカルの碁』の将棋の話かなーと思ったら、そーではなくて、ひなたのいじめ問題を機に、頼り頼られる存在の大切さなど、ほわ~んと読ませる。

息子は、このタッチに慣れるまで苦労したようで、いったいどこから読めばいいんだーなんて騒いでいたが、少女マンガとしてはフツーだぞ。

モモちゃんがカワイイです。暑苦しいキャラの二階堂が、巻を追うごとに愛すべきキャラになっていくよ。
c0155474_22543276.jpg


by sustena | 2012-09-24 22:55 | 読んだ本のこと | Comments(6)
Commented by esiko1837 at 2012-09-25 20:51
私はどうしても漫画(コミック?)には手が出ません。
若いころは毎週買ってまで「ヴェルサイのバラ」と「エースをねらえ」を見てたのに。
長女と次女は好きなようで、嫁に行ってしまった彼女たちの部屋には
「動物のお医者さん」とか「ハチミツよクローバー」とかがそのままです。
読んでみようかしらん。
Commented by iwamoto at 2012-09-26 23:47 x
花*花というデュオの「リンゴとクローバー」というアルバムのジャケ写は
我が家の玄関です。 かなり、違う話でしたね(笑)
Commented by Cakeater at 2012-09-28 15:47 x
やはり若いんだなあ。本屋で立ち読みして、絵もストーリー展開のフィーリングもあわず、give up しました。吉田秋生の「海街diary」シリーズあたりまでなら買っちゃうほどについてけるんですが。
Commented by sustena at 2012-09-28 23:51
esikoさんが読むとしたら「リアル」なんかどうでしょうか。絵は文句なしにうまいし、説得力あるし。
Commented by sustena at 2012-09-28 23:52
iwamotoさん、玄関がジャケ写になるの?? すごーい。趣があるんだー。庭もすてきみたいだし。勝手に憧れちゃうなー。
Commented by sustena at 2012-09-28 23:53
Cakeaterさん、これ、立ち読みはちょっと無理だと思うなー。うまにまかせて2巻ぐらい読んだところで、ようようペースに慣れる感じだから。


<< 経過      東 浩紀『一般意志2.0―ルソ... >>