いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 16日

あす退院

きのう回診に来た医者がいつ退院しますか、と聞くので、「月曜日にしてください!」と伝えると、レントゲンも血液検査も問題なかったから大丈夫でしょう、という。
痛みと息切れはこれ以上病院にいてもすぐよくなるというものでもないし、検査することもないし、日曜とか祝日は事務が休みだから退院は無理かなと勝手に思っていたのだが、なんとかなるらしい。事務棟は休みだけど外来棟の会計がやっているのでそこで支払えば大丈夫という。

やったー!と思っていたら、夜、主治医がやってきて「月曜日に退院するっていう噂があるけれど、本気?」と聞きに来る。だって~もう1週間になるし。「手術翌日から数えるんです。あなたの場合放っておくとすぐ翌日から出社するって言い出しかねない」
(わぁぁぁー、見抜かれてる~)
「シャバは怖いですよ~。みんな速く歩くし、買い物だけでもたいへんって言いますよ~」

だいじょーぶです。仕事は体調と相談しますし、始発のバスに乗って地下鉄も始発だから座っていきますし~。では、明日の元気度を見て決めるということで。

いつまでもパジャマのままでいると病人みたいな気になっってしまう。そこで本日からはTシャツとステテコに着替えて、フロアをてくてく歩いてると、ナースステーションで記録をチェックしている主治医を見つけた。

ハーイ~!と手を振って片足立ちしてみせると、「まぁいいでしょう」と晴れてOKが出たのだった。

ここの夕焼けも見納めであります。
c0155474_19373273.jpg
c0155474_19374883.jpg


追伸

点滴のあとが青あざになって等分消えそうにない。右頬と右顎に大きなかさぶたがある。たぶん手術中ずっと右を下にしていたから何かにすれたのであろう。食が細ったはずなのに、体重はあまり変化がない。動いていないからで、スリムになって退院できるかも、というのは甘い期待デシタ。

by sustena | 2012-09-16 19:38 | つれづれ | Comments(12)
Commented by esiko1837 at 2012-09-16 20:01
え~~!!!もう退院していいんですか?
いくら医学が進歩してるとはいっても、肺の腫瘍をとってるのに
こんなに早く退院しちゃって本当に大丈夫でしょうか。
しかもお医者さんもお見通しの通り、すぐに仕事に復帰するのは目に見えてるし。
後でこじらせたということのないように、最初だけでも慎重に行動して下さいね。

で、気になってるんですが、御両親には今回のことをお知らせしたのでしょうか?
心配するからと知らせてないような気がするんですけど。
Commented by Cakeater at 2012-09-16 20:26 x
エー????絵、絵、絵、エー?もう退院?
夏ばての寝冷え風邪水下痢でこの三連休を強奪したなまけもんの僕には信じられないエネルギーですねえ。
朝はそれは楽かもしれないけど、帰りはどうするんです?中央線も地下鉄も午後5時すぎたら、まず座れませんよ。あ!そうか、中央線なら3時台はすいてるし、5時過ぎても、一本見送れば座れるか。
うん、でも無理は禁物だと思います。なんたって片肺飛行なんだから。
Commented by Lucian at 2012-09-16 21:19 x
アメリカ並みですね。
向こうは心臓病でも2、3日で退院ですから、昔の日本と比較するとギャップが大きく感じます。
リハビリを兼ねて出社してみるのも復帰の準備になるかもしれないですね。でもご無理はなさらずに。
昔、両足骨折で4ヶ月近く入院したことがありますが、飽きる度合いも凄まじいものでした。

Commented by ken_kisaragi at 2012-09-16 23:48
退院おめでとうございます。
痩せる猶予もなかったですか? ちょっと残念ですね。
パソコンと携帯あれば在宅で処理出来る仕事も多いと思うのですが
sustenaさんの場合はじっとしていられないのでしょうね・・たぶん(笑)
Commented by iwamoto at 2012-09-17 07:17 x
一週間ですから、物理的には退院できるようになっていると思いますが。
でも、深いところにダメージがある筈です。 こういうのの回復って、人によるのでしょうが、
本人の感覚としては問題無いということですね。

摘出した患部の分は、体重が減るかと思いました。 痩せるということではありませんが。

自分に嘘をつかずに、周囲にも嘘をつかずに、危ないことはしないでくださいね。
Commented by sustena at 2012-09-17 08:42
esikoさん、ご明察。もっと進んでいたら知らせるつもりでしたが。でも両親もこれまで何度か手術をしてるくせに、全然こっちには知らせてよこさないのだからおあいこ(ってこともないか)。今度帰省したときに伝えておこうと思ってます。
Commented by sustena at 2012-09-17 08:46
Cakeaterさん、さすがに中央線でペシャンコになる勇気はないので、丸ノ内線1本にします。帰りは銀座で座れなくとも、たいがい霞が関で座れますし。しばらくはフレックスのコアタイムの10:00~16:00という形でいこうかと。
Commented by sustena at 2012-09-17 08:48
Lucianさん、入院してから翌々日の手術というところで少なくとももう1日はマイナスできたし(病院の都合での月曜入院)、実はきのう退院もできたかなと思ったんですけど、ちょっと自信がありませんでした。1日たつごとにエネルギーの回復度が大きく違うのは「おお!」という感じです。
Commented by sustena at 2012-09-17 08:53
ken_kisaragiさん、肺の左半分といっても肝臓よりはずっと軽そうなイメージ。点滴も高カロリー輸液だとやっぱり痩せる要素はほとんどないんです・・。早歩きができるようになったら、基礎代謝をちょっとずつ上げる努力をしなくちゃ。今も会社のサーバーに接続できるので仕事はできるんですけど、赤入れしたのをスキャンして(うちのスキャナーはだいぶ前捨ててしまった)送るといったちょっとしたこと、ビミョーな認識合わせがムズカシイです。それと、家でどれだけ夜中に仕事をしていても会社にいないと仕事をしていないとみなす会社ということもあって・・・。
Commented by sustena at 2012-09-17 08:56
iwamotoさん、まずは本日家に戻るのにどれだけしんどいかを確認して、明日は1日休んで近くの公園をいつもどおり散歩できるかどうかなどトライしてから始めようかなと思ってます。私はいい加減なことをよく口走っていますが、たぶんカラダは正直でしょうから。
Commented at 2012-09-17 13:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2012-09-17 21:55
Pくん、家事ッてもんがあって、つい見ていられなくてやっちゃうんですよね。とりあえず最小限に、とは思ってるんですけど。


<< シャバの風      暇をかこつ >>