いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 16日

暇をかこつ

検査も何もないとほんとに1日ヒマである。7時半と12時と17時40分の三度の食餌は10分もかからず平らげちゃうし。

テレビは有料で5分10円なので、もともとあまりテレビは見ないので、朝7時から1時間NHKのニュースを見ておしまいにしてたんだけど、きのう「踊る大捜査線3」を見てたら300円もかかっちゃったなー。

図書館で予約の順が回ってきたムズカシイ本はいまいち手術のあとは読む気がしない。きっと脳に酸素が回り切らないのだ。

そこで息子が差し入れてくれたのは、岩明均の『寄生獣』全10刊。人類が増えすぎたと、あるとき人類のカラダをのっとってしまう生き物がやってくる、そいつは人間をミンチ状に殺し食べてしまうのだ。主人公の青年シンイチは右手から入り込もうとしたその生き物を右手を縛りあげることで、脳をのっとられるハメに陥らすにすんだ。その日からシンイチは右手と共存しながら、仲間を殺そうとする彼らと戦っていく・・・。肺を取った人にこんな漫画を読ませるかなー。
(もっともせっかく持ってきてくれたから昨晩と本日、キリテカナワと中丸三千繪のオペラのアリアと、ヨーヨー・マのバッハの無伴奏チェロ組曲を聞きながら読了(へんな組み合わせ)

息子が持ってきてくれたDVDは次の5つ

「探偵はBARにいる」(これは私ga]オーダー。どこがいいんだかわからない小雪だったが、けっこうはまり役だったねを差し入れてくれた。。松田龍平もよかったなー)

「ソマリア」(韓国映画、キム・ギドク監督、海外旅行をしようとネットで相手を見つけては援助交際をする親友の女の子二人。セックスをする役を買ってでたチェヨンはインドの伝説の娼婦パスミルダ気取りで屈託がない。しかし警官から逃れるために窓から飛び降り死んでしまう。あとに残されたヨジンはかつての親友の相手を呼び出し、お金を返していく。あるとき別の事件を操作中の父親が、ホテルにいる娘を見つけ、娘を尾行しては相手を追い返したり叩きのめし、ついには・・  ・うーむ、なんて映画だ・・・いい映画ではあるんだけど。

「レザボア・ドッグス」 タランティーノの映画でおもしろいけど、これまた強盗のために呼び集められたお互いにコードネームで呼び合うギャングが、次々に死んじゃうしー

「クラッシュ」LAを舞台に、多民族国家・アメリカの人種差別や偏見、その一方での人々のつながりを描いたもの。人種差別主義者の白人巡査ライアン(マット・ディロン)とメキシコ系の錠前屋のダニエル(マイケル・ペーニャ)とその娘がよかったー。ポール・ハギス監督。これまたあまり明るい気分になる映画とは言いがたいよねぇ。

「21g」これはこれから見るんだけど。これも命を失うと21g軽くなるっていう話じゃなかったか???

うーむ、息子はどういうセンスをしているんだか。
c0155474_1935964.jpg


by sustena | 2012-09-16 19:35 | つれづれ | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2012-09-16 20:43 x
うむ、すごいラインナップですねえ。体力があまってるときでも、遠慮したい品揃えですね。lololol
それを暇つぶしに消費してしまうsustena さんもこの子にしてこの母親あり。。。ですね。
今日は阿佐ヶ谷神明宮の秋祭りで神輿を取った後、喉がかわいて、久々にmojito をなめました。もうちょっとラムを入れてくれてもいいのにと。。。lololol
Commented by sustena at 2012-09-17 08:39
でしょー。21グラムは、心臓移植を受けた男(ショーンペン)が心臓の提供者を探す。ドナーは、前科者(いまは信心深いクリスチャン)によって娘2人とともにひき逃げに遭い、脳死になったのだ。残された奥さん(ナアオミ・ワッツ)に会い、2人は愛しあうようになるが、奥さんは夫と娘2人を置いて逃げた犯人が許せない。主人公に犯人を殺してくれと頼む。一方、主人公は全快したと見えたが次第に免疫拒絶がひどくなり・・・。これも入院患者が安らかに見られる映画ではなかったのでした。もっとハートウォーミングな映画を選んでくれよー!


<< あす退院      病院の食事のこと その2 >>