2012年 09月 02日

セミの脱皮

けさは激しいにわか雨で、ラジオ体操はやめにし、朝食後に近くの公園に散歩に。池のまわりを1周したところで、ふと木の幹に見慣れぬものが。何かな?と近づいてみると、セミの殻の背中がぱっくり割れて、しろっぽい頭が顔を出しているところだった。

もう9時を回っているのに、なんとねぼすけなセミであろうか。

じっと観察していたら子どもたちもアッ、セミだと興奮した様子。
c0155474_14442821.jpg

少しずつ出てきて、縮こまっていた羽が伸び、殻から抜け出すまで約40分。
こどもたちはすぐいなくなってしまったけど、ずっと見ていて飽きなかったなぁ。
c0155474_14465060.jpg
c0155474_14465518.jpg
c0155474_1447155.jpg
c0155474_1447746.jpg


by sustena | 2012-09-02 14:47 | 小さな自然 | Comments(10)
Commented by Cakeater at 2012-09-02 22:07 x
明るくなってからのんびり脱皮してると、カラスやヒヨドリや、たまに雀にまでアタックされかねないので、人間が見張ってくれていて、よかったですねえ。
Commented by Lucian at 2012-09-02 22:34 x
貴重な瞬間に立会いましたね。
人が集まるまでショータイムを延期していたりして。
Commented by jmiin at 2012-09-02 23:08
うっひゃぁ。
凄い瞬間ですね。
僕は今までに人が経験しない、「呆れる瞬間」は体験してきていますが、
これだけは見た事がありません。

単純に羨ましいです。
Commented by sustena at 2012-09-04 00:48
スズメにまでアタックされちゃうんですか?? このあと1時間ほど、羽がしっかりするまでじっとしていなきゃいけないはずだから、あんなに目立つところにいたらやられちゃったかなぁ・・・。
Commented by sustena at 2012-09-04 00:49
Lucianさん、ちゃんと見たのは初めてだったのですごく嬉しかった。羽が白く輝いていてなかなかキレイでした。GRを持ってたら、マクロに強かったのに。ちょいとぼけてるのがかなしい(;_;)
Commented by sustena at 2012-09-04 00:51
jmiin さん、夜に穴から這い出てくるか、穴の中にいるのをつかまえるのが簡単らしいんですけど、自然界でちゃんと脱皮してるのをみることができたのはラッキーでした♪
Commented by Cakeater at 2012-09-04 23:12 x
そういえば、セミじゃあありませんが、先月載せた羽化直後のアゲハチョウとそれを狙う若猫の話ですが、ひょろふらと低く飛んではほとんど地上近くに止まるのを、タイミングを4度ほど計ってジャンプ一番。あ、やられたかと思ったら、ふわりとかわしてふわふわ低空飛行、若猫もほとんど2足踊りで追撃、最後は車の屋根より高くジャンプしましたが、アゲハチョウは無事五m以上の高みに上がって、やはりフラフラと線路を越えていきました。
セミも無事飛んでいったと思います。
Commented by sustena at 2012-09-05 00:34
あのアゲハ、羽化直後でも模様はずいぶんとカラフルでしたよね。セミは白っぽいので、ほかのものも羽化したてはそうなのかと思ってました。あっ、ひらひら飛んだってことは、多少は時間が経ったあとなのかな。基本的なことをなんにも知らないワタシ・・・。
Commented by Cakeater at 2012-09-05 20:42 x
この夏、目と鼻の先で羽化後の羽養生中のアゲハを二度みまして、二度とりました。最初のやつは、ほぼ百メートルほど離れた民家の庭の夏みかんから飛んできたもので、写真のアゲハは十メートルほど離れた鉄道敷地に実生で生えた夏みかんが実家。この夏みかんは、アゲハのいい故郷になってる感じで、けっこう里帰りしてるのも多いみたいです。
Commented by sustena at 2012-09-06 00:33
公園の一角にカラタチがあるので、近いうちにチェックしてみようっと。


<< 『創世記―若き日の芸術家たち ...      盆踊り >>