2012年 07月 19日

林ナツミ展 「本日の浮遊」

c0155474_2222377.jpgよわよわカメラウーマン日記「本日の浮遊」というブログを立ち上げ、もっか大ブレイク中の林ナツミさんの写真展が恵比寿のMEMであった。ほんとは16日までだったんだけど、好評のため会期が7月29日までと延期になったので、昼に遠征してきた。

部屋のなかで、野原で、駅の改札で、公園で、どこかの路地で、階段で、展覧会の絵を見ている途中だったり、あるいは、葬儀会場だったりもする。ふっと重力をなくしたように、身を投げ出すようにして飛んでいる自身の姿を、セルフタイマーまたは他の人にシャッターを押してもらってばちり。

でもその決まった1枚を撮るために、いったい何回ジャンプしてるんだろう?

驚くのは演出写真ではあっても、合成写真でなくて、実際の写真だってこと。足の裏を天に向けて、からだのラインがすーっとキレイにのびて、長い髪がなびく。しかもけっこう高く飛んでいる!横顔もきれいだしー。

不思議な浮遊感に、見た人はみんな引き込まれちゃう。
写真集もおすすめです。

1階のアート関係のshopは、読んでみたいって思う本がいっぱい。キケンなギャラリーではあります。
写真はギャラリーの入ってるNADiff a/p/a/r/tの隣のぼろぼろの建物。アロエ(たぶん)がまるで密林みたい。
c0155474_2215573.jpg
c0155474_222062.jpg
c0155474_222728.jpg


by sustena | 2012-07-19 22:02 | Art/Museum | Comments(6)
Commented at 2012-07-19 22:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2012-07-19 22:19
Pくん、うっかり衝動買いしそうな値段でしたけど、わが家には壁面のスペースがないので赤丸をつけずにすみました。
Commented by esiko1837 at 2012-07-20 21:06
お!
田舎者には憧れの写真展。
良いものを見るとセンスが磨かれるんですよね。
サステナさんも写真展をやればいいのに。
私、それだったら岩手から見に行きます。

恵比寿にこういう建物が残ってるなんて驚きました。
Commented by sustena at 2012-07-20 22:41
esikoさん、写真展などの機会が豊富なところは、ものすごーく恵まれていると思います。なるべく気になるものは見るようにしているんですけど、せっせと見ていて、うまくなるかというとまた別物で・・・。自分の下手なこと(というか行き当たりばったりに撮っているだけってこと)はよーくわかるんですけど。
いまにも崩れ落ちそうな家やナントカ荘というのがぴったりのところ、ときどき山手線内で見かけると、おお!とうれしくなって撮ってしまいます。
Commented by Cakeater at 2012-07-27 22:02 x
昼休みの食堂の女性セブンを見てたら、林ナツミさんの特集がありました。まだ、写歴二年だとか。ワンカットのために、300回も飛ぶとか。元バレリーナの卵だったという経歴を考慮してもすごい体力ですねえ。
Commented by sustena at 2012-07-27 22:50
この飛び方、けっこう危ないんだそうですね。私もまねして飛んでみましたが、とってもブザマでした(涙)


<< コムデのゾウ part2      「崖っぷちの男」 >>