いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 05日

梅ちゃん先生

先日、京急にのったら、梅ちゃん先生の車両だった。そっか、鎌田が舞台だもんね。

朝は時計がわりにテレビをつけっぱーにしているから、NHKの朝の連ドラが8時になったために、「ゲゲゲの女房」以来、モタモタしていると8時をまわってしまい、ときどきなんとはなしに見ている。
でも、週に一度ぐらいだから、あらロミオとジュリエットだったかの練習をしていると思ったら、いつのまにか先生になっている・・・って感じで、なかなかストーリーについていけない。

息子もたまに見ているらしく、梅子の兄の竹夫を演じる小出恵介と幼なじみの安岡信郎役の松坂桃李が区別がつかないと言い出す。私は一回見れば違いが一目瞭然がと思うのだが、ネットでも似てるという声が出ているとかなんとか言い出し、自説を曲げない。

息子が気に入ってるのはナゼだかわからないけど、梅子の父の建造である。「高橋克実、かっけぇー」と、出てくるたびに言っている。いい役者だとは思うけど、どこがカッコイイんだか、あの不器用なガンコさだろうか? 近くにいたらうっとうしいと思うぞ。

とは言いながら、もっかわが家では高橋克実ごっこが大はやりである。
「ばかめ、これだけ言ってもわからないのかっ」「いかん、許さん」などと怒鳴るマネをして遊んでいるんである。
c0155474_2128393.jpg


by sustena | 2012-07-05 21:54 | つれづれ | Comments(8)
Commented at 2012-07-05 23:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sirokabu2011 at 2012-07-06 13:55
え?建造の真似が?…「一体どいつもこいつもぉ」「勝手にしろ!」プンプン(^^ゞ
Commented by iwamoto at 2012-07-06 15:48 x
わたしは、あのお父さん役の人、スッゴイ大根だと思います。
自分が歳を取ることの面白さのひとつですが、一所懸命にセクシーショットを探して見ていた女優が、
お婆さん役で出て来たりします。 この不思議さ、何も不思議じゃないところがオカシイです。
Commented by sustena at 2012-07-06 23:25
Pくん、私は梅ちゃんはちょっと趣味でないせいもあって、あまりちゃんと見てないんですけど、朝の時間帯のなんとなくつけっぱーという試聴スタイルもあなどれませんねぇ。人間関係だけは、なんとなく把握しちゃってるんですから。
Commented by sustena at 2012-07-06 23:25
えっ、sirokabuさんも見てるのー? 視聴率が高いわけですね。
Commented by sustena at 2012-07-06 23:29
iwamotoさん高橋克実は、「大人はかく戦えり」という芝居ではそれなりでしたよー。「叔母との旅」なんかも、よさそう。でも、母親とおばあちゃん役、えーって絶句しちゃいました。まぁこちとらが知らないうちにトシをとったってことなんでしょう。
Commented by Lucian at 2012-07-07 22:08 x
この番組は見てませんが、私も高橋克実はいいと思います。
俳優さんの経年変化をみていると、「サザエさん時空」に住んでいるのは自分たちだと気づきますね。
Commented by sustena at 2012-07-08 15:35
自分だけが老けていないつもりなのに、テレビや映画を見てトホホ、やっぱり私も・・と思うのでした。「サザエさん時空」って、いいフレーズ。どこかで使ってみたい・・・。


<< 昼休みの美容院part2      シマ模様2 >>