2012年 05月 24日

宮崎の冷汁

食べ物の話ばかりで恐縮だが、おいしいものを食べたときは、報告せずにはいられない。

前々から宮崎の冷汁はたべてみたいなーと思っていたのだが、あまり上品とはいえないような気もするし、おいしいところとまずいところの差がうんとありそうで、下手をすると生臭いだけだったりすると最悪かもという懸念があってトライしたことはなかったのである。

本日銀座から新橋方面に向かう途中、8丁目のビルの1階に看板が出ていて、でーんと「宮崎の冷汁」とあって、その文字がそこはかとないオーラを放っていたので、ほんとは新橋のさぬきやでうどんを食べるつもりだったのに、気持ちがぐらっときて、5階にあるそのお店に入ったのであります。

ところで冷汁というのは、魚の濃厚な出し汁に麦味噌などを入れて冷やし、きゅうりやミョウガなどを入れて、ごはんにぶっかけて食べる家庭料理(レシピはWEBにいろいろ載ってるけど、その家によってもずいぶん違うようだ)

とゆーわけで、さっそく注文。ちなみにこの店は、土鍋でご飯を炊いているんだそーです。
つけあわせは、いぶりがっことアサリとしめじの味噌汁、ピーマンと地鳥の和え物。

おいしかった♪ いまいち食欲がないときにはうってつけだと思います。900円也。
c0155474_21472911.jpg


by sustena | 2012-05-24 21:47 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by higphotos at 2012-05-25 18:25
一度は食べてみたい宮崎の冷汁。
なかなか濃厚そうな感じですね。
もう一つ、食べたい宮崎に「肉巻きおにぎり」がありましたが、これは新宿で念願がかないました。
(しかも食べているところがNewsに出ました)

しかしながら何でも食べられる東京とは改めてビックリな街です。
Commented by sustena at 2012-05-26 01:07
iwamotoさん、それが拍子抜けするほどスッキリした味でした。でも胃の腑に染みた。最近銀座にたくさんパイロットショップがあるので楽しいけど、やはり現地でゲットするのがいいです。、


<< 藤田洋三『世間遺産放浪記 俗世間篇』      大名竹 >>