2012年 05月 23日

大名竹

昨日、神保町の嘉門で飲んだ。ここはあれこれ注文しなくても、7品ほどの酒肴がバランスよく出てきて、お酒もご主人の選んだものが、やはり順に出てくる(ついつい飲みすぎてしまうのが難点)。

きのう出てきた酒肴で感動したのが、鬼界島のこの大名竹である。
こーんなに長い。(すすたけ3本分ぐらい)。(★暗くていまいちおいしそう感には欠けるのは、ご容赦)

c0155474_2321723.jpg

これを根元のほうからかじっていき、スジスジになってかみ切れなくなったところでオシマイ。
じわーんとみずみずしく滋味あふれる竹の子の味であります。

久々に食べたミンククジラもおいしかったな。昔は小学校の給食で竜田揚げなんかが出たものだったけど・・・なんて回顧しても、若いひとにはゼンゼン通じない。
c0155474_2349952.jpg


〆で出てきたのが中華風冷奴。ピータンを裏ごししたのと干しエビやキュウリなどを混ぜたのがのっかっている。これなら家でもできそうかな。
c0155474_23250100.jpg

このほか、水なすにオリーブオイルとチーズをのっけたの、アサリ、干しえびのかき揚げ、それと山菜のおひたし。日本酒は屋守(東村山)の中取り、豊盃(弘前)、八仙(八戸)、浦霞の生酒。

自分の味付けとは違う料理はとっても新鮮♪

by sustena | 2012-05-23 23:31 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by sirokabu2011 at 2012-05-24 14:57
うわーっ、どれもお酒のいい相棒になりそうです。
Commented by iwamoto at 2012-05-24 20:47 x
鯨の竜田揚げはケチャップで和えたありました。
「鯨のケチャップ和え」という献立名でした。 いくら真似して作ってもあの味にはならないのでした。
尾の身の刺身が美味しいと思いますが、食べたことはありますか。 凍っているのを薄く切ってショウガ醤油です。
ルイベに似てますね。 下関に住んでいたことがあり、マルハ大洋漁業もそこに在りました。 50年以上前の話だけど。
Commented by sustena at 2012-05-24 21:48
sirokabuさん、このせいでいつもの倍飲んでしまいました・・・。ダイエットしなくちゃいけないのに、キケンです。
Commented by sustena at 2012-05-24 21:51
iwamoto さん、ケチャップですか! 私が食べたのにはかかってなかったな。たしかショウガ味でした。肉は今のものよりずっと硬かったような気がします。
ところで尾の身は食べたことがあるとは思うけど、なんだか食べるのに忍びなくて、味は覚えていません。私が好きなのはさえずりでーす。


<< 宮崎の冷汁      岩松了 作・演出「シダの群れ ... >>