いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 06日

シニフィアン・シニフィエのチャパタがおいしいっ!

先日、川崎にある財団に出かけたとき、アポイントまでちょっと時間があったので、ラゾーナ川崎に行ったら、シニフィアン・シニフィエのパンの催事があるというポスターが目についた。
パン屋でSignifiant Signifieとは、なんと高尚というか場違いな名前であろうかとちょっと興味を覚えて行ってみると、ケースの中のチャパタがめちゃおいしそうである。一つ150円也。

さっそく買って食べてみると、中が半ナマふうでしっとりふんわりしていて、小麦粉の滋味あふれる味がなんともいえずおいしい。これまで食べたなかで五指に入る。

調べてみたら、本店は三軒茶屋から10分ほどの下馬にある。食べログで高得点を得ている評判のパン屋でもあるようだ。通販もやってるけど、宅配してもらうほどは食べないし・・。でも日本橋高島屋に出店していることがわかったので、昼間に遠征して買ってきました。

ジャーン!これです。
c0155474_2293883.jpg

チャパタのほか、いろんな種類のパンを味見してみたかったので、7種類ぐらいのパンがちょっとずつ入った1000円のお試しセットも買ってみた。どれもそれなりにおいしかったけど、やはりなんたってチャパタが最高。
イタリア語で「スリッパ」を意味する言葉なんだって。

by sustena | 2012-05-06 22:16 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2012-05-07 00:11 x
なんか変だと思ったら、フランス語の響きが逆調子なんですね。
signifié et signifiant かと思ったらしにふぃやんしにふぃえだもん。
だいたい、この単語くっつけるには、絶対et がいると感じる。ま、いいかカタカナフランス語だから。lolololol万化千変、五入四捨、無碍融通。南無阿弥陀仏。
パン屋はうまければいいのだ。みるからにおいしいそうだなあ。
Commented by sustena at 2012-05-07 21:30
ソシュールの講義でシニフィアンとシニフィエの順で頭にたたき込まれた(ってほど熱心に勉強したわけじゃないけど)ので、順番に違和感は感じなかったけど、なぜにパン屋で?って興味を覚えて買ったわけなので、意外にネーミングとしては成功してるのかもしれないです・・・。


<< 奥武蔵ウォーキング      GW最後の、公園の朝 >>