いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 09日

マグナム・コンタクトシート

リコーのRING CUBEで開催中のマグナム・フォト創設65周年記念写真展「マグナム・コンタクトシート」が見応えがある。

コンタクトシートとは、いわゆるベタ焼きのこと。写真家がどのように撮影対象に迫り、その中から自分の意図した一枚を選び出したのか、その舞台裏がわかる。

これまで、土門拳の筑豊の子どもたちのコンタクトシートと、江東の子どものちゃんぱらをやっている一連のシートを見たことがあったけれども、(あたりまえだが)無駄に枚数を重ねているのではなく、どのカットも構図といい、とらえた一瞬といい、うなっちゃうんだけども、マーカーで囲まれたこの1枚こそは、目の光の強さだったり、配置だったり、ことに輝いて見えたものだ。

今回はアンリ・カルティエ=ブレッソン、エリオット・アーウィット、ロパート・キャパ、クーデルカをはじめ近年活躍が目覚しいジョナス・ベンディクセンなど68名の作品が並ぶ。モノクロだけでなく、カラー写真もある。

ロバート・キャパのあの有名なノルマンディ上陸作戦の写真は、4本ロールを使ったそうだが、ライフ誌のスタッフはあまりのすさまじい写真にびっくりして、乾燥温度を高く設定しすぎて、フィルムの乳白剤を溶かしてしまい、11コマしか残らず、現存するのは9コマのみ。一番有名な暗闇の写真のネガはもう残っていないんだそうだ。

マルク・リブーの「エッフェル塔の塗装工」(1953年)など、高いところでおっかないよーというものではなく、いかにもかるがると楽しそうな1枚が選ばれていたっけ。(エッフェル塔の塗装工の写真は、リンクしたページの下のほうにあります)


トリミングしたものは、なるほど、このように切り取ればこそ、意図が如実に伝わるなぁと、実感。

モンローやサッチャー、ビートルズ、ケネディなどの写真や、ドキュメンタりー、内戦など撮影対象はさまざま。キャパが地雷で死ぬ直前に写したコンタクシートが最後を飾っていた。

なんどでも観に行きたくなる写真展だった。
超オススメです。2012年4月29日(日)まで。
c0155474_22204278.jpg


by sustena | 2012-04-09 22:24 | Art/Museum | Comments(10)
Commented at 2012-04-09 22:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sustena at 2012-04-09 22:37
Pくん、ぜひご覧になってください。飾ってあったのは、ベタを大きくしたもので、ホンモノはガラス?ケースの中の1冊だけでしたが、予想以上に点数が多くて興味深かったです。
Commented by ken_kisaragi at 2012-04-09 23:08
写真家の赤裸々な製作過程、本当は見せたく無い作家も多いと思うのですが。
Commented by Cakeater at 2012-04-10 23:45 x
いかにもやらせっぽいツールデフェルのパーントゥルだけど、いいなあ、この安全管理なんかくそ食らえの良き古き時代の雰囲気は。
(URLには、Pat Benatar と Avril Lavigne のデュエットを入れときました。)
Commented by esiko1837 at 2012-04-11 21:03
こんばんは。
7日に、はとバスで銀座を素通りしてきました。
こんな所をサステナさんは毎日闊歩してるんだなあと思いながら眺めていました。
こういう写真展にはなかなか行く機会がありません。
個人として自由に歩き回ってみたいよう~。
Commented by sustena at 2012-04-11 22:06
kenさん、あのクラスになると、ぜーんぶ作品ですよねー。
Commented by sustena at 2012-04-11 22:08
Cakeater さん、おひさしぶりでございますm(_ _)m おお、どうしてわかるの~。パット・ベネター、うれしい♪
Commented by sustena at 2012-04-11 22:09
esikoさん、毎日のように歩いていても、たまにちょっと1丁目とか裏通りに行くと、変わっていたりするんですよ。(ちみなに私はまだはとバスにのったことがありません。おもしろそうなんだけど)
Commented by jmiin at 2012-04-11 22:38
コンタクトシート
面白いでしょうね。一枚の写真に至る、その前後関係がわかるので。

見たいなぁ.....
Commented by sustena at 2012-04-12 23:51
私はjmiinさんのコンタクトシートもみてみたいです。


<< 相馬へ      メゾンエルメスの天狗とおかめ >>