2012年 03月 05日

“BABY ALONE” ───JANE BIRKIN par SHOICHI KAJINO

銀座1丁目のポーラ銀座ビル3階 にある「ポーラミュージアムアネックス」で、“BABY ALONE”と題された大好きなジェーンバーキンのポートレート展をやっている。

撮影したのは梶野彰一さん。1970年生まれで、10代の終わりにパリに魅せられてから、パリと東京を往き来しながら、音楽やファッション、映画やアートどについて写真や文章で綴ってきたひとで、セルジュ・ゲンスブールが好きだったことがきっかけでジェーン・バーキンに関心を持ち、折に触れて取材を重ね、2007年以降はステージの撮影を重ねてきたという。その梶野さんの初の個展が、ジェーン・バーキン。

ステージで黒の中に浮かび上がるような姿、自宅で愛犬のイングリッシュ・ブルを抱きしめているところ,知的な横顔、くしゃくしゃにした笑顔、いろんな表情のジェーンがいる。あの犬がうらやましい!と思う人は多いと思うぞ。

モノクロの黒がなまめかしく、すいこまれるよう。
年を重ねてもとーーーっても美しい。憧れちゃうなぁ。。。。
3月11日まで。入場無料。

チラシの表と裏をスキャンしました~。
c0155474_2204549.jpg


by sustena | 2012-03-05 22:00 | Art/Museum | Comments(3)
Commented by Cakeater at 2012-03-09 04:56 x
Jane Birkinをはじめて見たのは、駒場時代に上野で1972年か3年に、アントニオーニのBlow-up(欲望1966)でした。最も、この映画、カメラマンの話なんで、その一眼レフとか、指先でもてあそぶコインとか、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジがツインギターを張ってたヤードバーズのシーンの方が記憶に残っていて、ジェーンはそのシルエットしか覚えてないんです(顔をまったく見てなかったかも)が。LOLOL.ま、ジェーンのCDもシャルロットのCDもセルジュのCDも全部持ってるわりには、どっちかというと、France Gall の方を聞くことが多いけど。
もともとcomedienne だから語りや朗誦は達人だし歌い方はwhisper だから、あと20年くらいはステージに立てそうですね。長生きしてほしいですねえ。
Commented by Cakeater at 2012-03-09 05:14 x
URLにBaby Alone in Babylone 入れておきました。仏語のバビロンにはベイビィアロウンが入ってるといういかにもセルジュらしい(一歩間違えたら親父ギャグですlolol) 曲ですね。
シャルロットとジェーンのデュエットも、なんかsustena さんと息子さんを思い出させるものがありますね。LOLOLOL
Commented by sustena at 2012-03-10 16:49
たしかに親父ギャグか。。。関係ないけど、きのう日テレで外国の人がj-POPなど日本の名曲を歌うのを競うという「SONG FOR JAPAN のどじまんザ!ワールド」を見ていて、アメリカのソウルシンガーのクリス・ハートさんが、SMAPの夜空ノムコウを歌っていて、この曲を今までバッカみたいと思っていたけど、歌い方によってこんなに変わるのかと、ビックリしました。


<< Eikoh Hosoe Pho...      公園散歩 >>