いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 21日

京都の居酒屋

先週、取材で京都に出張。
知り合いのカメラマンからすてきな飲み屋があると教えてもらったので、出かけてみた。
千本通中立売通りの交差点近くの「神馬」という居酒屋である。
c0155474_23315984.jpg
c0155474_23321054.jpg

なんだか時計がとまったかのようなお店で、聞けばお店を始めて75年、建物は築100年という。
それが魚のネタはいいし、かぶら蒸しなどを頼むと、料亭も負けちゃいそうな味。このアナゴの白焼きもおいしかったよー。おでんに、鯖寿司に、にぎりに天ぷらと品数が多いのも驚き。
大時代なレジも現役?ケタが足りないから、金庫がわりだってー。
超おすすめです。
c0155474_23322915.jpg


by sustena | 2012-02-21 23:33 | | Comments(6)
Commented by jmiin at 2012-02-22 05:34
穴子の白焼き。
くそ真面目に作らないといけない料理なので、その店の実力が
すぐに分かってしまう様な料理ですね..... 勝手な想像ですけど^^;
Commented by higphotos at 2012-02-22 17:45
イイですねぇ。鯖寿司食べたーい。
実は学生時代は京都でした。
当然、ボンビー学生だったので豪華なもの、美味しいものと無縁でした。
しばらく京都に行っていないですが、昔通った定食屋とか行ってみたいです。
Commented by esiko1837 at 2012-02-22 22:37
なんともレトロで、素敵なお店ですね。
当方、リタイアしてから最初は楽で良かったのですが、
最近では何かしたくてしたくて仕方ありません。
ので、こういう店を見ると憧れます。
でも料理がねえ・・・レジも無いしなあ・・・。
Commented by sustena at 2012-02-23 01:33
jmiinさん、素材はもちろんのこと、焼き方も大事です。自分でもいいアナゴが手に入ったときは焼くんですけど、香ばしい香りとじゅわん、ふわんとしたみずみずしくてやわらかい食感がよかったわー。
Commented by sustena at 2012-02-23 01:34
higphotosさん、福沢諭吉が飛んでいくようなお店は無理ですけど、ゆったりお料理を味わえるのは、オトナの喜びだと思います~。
Commented by sustena at 2012-02-23 01:36
esikoさんだったら、話術だけでも先客万来だと思います!


<< 六代目中村勘九郎襲名披露「二月...      著名人 >>